こんにちは (有)伊東工務店、専務の伊東です。建築とその周辺のお話や、日々感じた事をアップします 当社HP http://www.ito-corp.com/にも来て下さいね。メールはこちら seizo@ito-corp.com


by seizoito
カレンダー

<   2007年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

その1はハウスメーカーからの購入編です。

メリット
1. 一日でそれぞれ特徴のある多くのメーカーの展示を見る事ができる。
2. その中から自分の感性に近いイメージを自由に選択することが可能
3. 工場生産なので品質のバラツキが少ない。
4. ユーザーニーズを常に分析し、新しい物を取り入れたり、商品開発力は高い
5. やはり工場生産なので工期が短くて済む
6. 国内で名が知れたメーカーであればより小規模企業よりは安心度は高い
7. カタログなどが豊富である
8. 大手ゆえに営業マニュアルもしっかり教育され、営業マンもきちんとした対応教育がなされている
9.ローンシュミレーションなどの相談に気軽にのってくれる
10.住宅価格が比較的明快である。
11.営業マンの言うなりになりがちで、ここのあるものでしか選択できない、のでポリシーのない方や細かい事が面倒な方はお勧め。

デメリット
1. どこのメーカーでも標準装備、標準仕様を唱っているが、ちょっとでも細かな変更をしようとするならば、とんでもないオプション金額を提示するので何が標準かオプションかを確認する必要がある。
2. 広告で異常に安い坪単価を提示しつつ、実はあれもこれも別途工事であることに注意が必要である。(ここが「魔法」にかかりはじめるタイミング、よく確認することが必要)
3. 坪単価を明示する場合、住宅産業業界にはルールがないので施工床面積といって、玄関ポーチやベランダや濡れ縁までの床面積を含めて割るものだから坪単価表示がいいかげんなメーカーもあるので注意が必要
4. 展示場で住所名前など書こうものなら、DMやしつこい営業に悩まされる事もある
5. 営業担当者は建築の技術職ではないので、ちょっと突っ込んだ事を聞くと答えられない、単なる「物売り人間」が多い(時間がかかる)
6. 営業広告経費などな莫大にかかっている、これは全てお客さんの負担であることを忘れてしまいがち(尊い建築資金は建物には還元されない)
7. 見たとこや性能がまちまち(それぞれ特徴を出している)なので何を基準に選択すればわからないので混乱することがある。(余計な情報を出しすぎるあまり各メーカー担当者の言う事が食い違うことがある)
8. 有名メーカーの名前であるが、基を正せば、運営しているのはこないだまでの地元工務店である(いちがいにダメとは言えない)
9. 標準装備とはいいつつも、ここにあるだけでしか決めれない、選択枝があるようでない、いわばメーカーの言いなりになりやすい。

です。いかがでしょう?
[PR]
by seizoito | 2007-07-31 07:48

建築の入り口

一般に住宅を取得しようとする場合、色々な入り口(方法や選択肢)があります。

1. 一つは住宅展示場をいくつか見て廻り、興味のある中ならカタログや営業担当者の意見を聞きながら決めていく方法(メーカーから購入)
2. 地元の不動産屋さんで、土地付き一戸建住宅(建売り住宅)を購入する方法
3. 地元の知り合いの建築屋(工務店)に直接依頼する方法
4. やはり知り合いの建築設計事務所の先生に依頼する方法

など、概ね4種類の取得方法があります。

またそれぞれは住宅の呼称方法が違います、1は当社の扱っている「商品」2は「この物件」3.4は「この作品」と呼称方法がそれぞれの流通生産過程(形態)の相違により違っています。

外から見ればまったく同じものが、「形あるもの」で異なる名前というのは珍しく、他の業界では見られれないですね。

今週はそれぞれの特徴やメリットデメリットについてお話していきます。
[PR]
by seizoito | 2007-07-30 07:51
東京商工会議所内に福祉住環境コーディネーター協会というところがあります。

福祉住環境コーディネーター協会とは、東京商工会議所、NPO法人「生活・福祉環境づくり21」などの関連団体の支援により、福祉住環境コーディネーター検定試験の合格者が、真に役立つ人材として認知され、活躍できる状況を目指し、相互連携、個々のスキルアップ、情報の収集・発信等を行うために設立された団体です。(HPより抜粋)

このたび協会からのご推薦で、協会の情報誌である「福祉住環境コーディネーターのスキルアップ情報誌FJC 2007 Vol 15」の中の、「FJCの現場最前線」へ、私めが顔写真入りで紹介されることになり、昨日東京から取材にきていただきました。

高齢社会の中で、お年寄りや体にハンディキャップを持った方々の住まいに興味を持ちはじめて8年になります。
取材を受けながら感じた事は、他職種との連携や、建築を専門とした情報技術の提案など、「生活者の視点」と「建築の視点」とを合わせもった姿勢が改めて大事だなと感じました。
顔写真も撮られちゃいました(恥;)
この情報誌は10月25日に発刊されます。
[PR]
by seizoito | 2007-07-28 07:58

警察署

今年管内の警察署で「警察署協議会委員」をお引き受けしています。
警察署協議会委員とは
警察署協議会は、平成12年の警察刷新会議において、地域住民の意見や要望に真しに耳を傾け、 これに誠実に対応することが必要であるとの提言がなされ、これを実行するため、 警察法の一部が改正され警察署ごとに住民代表からなる協議会を設置することとなったものです。 警察署協議会委員になられる方については、管轄区域内の市町村、自治会等から推薦を受けて、 地域、職域、性別等に偏りがないように、県公安委員会において選考し、委嘱されています。
普段警察には運転免許証の書き換えくらいしか縁はないので、警察組織についてちょっとご説明します。
署長、副所長、地域交通管理官、刑事管、会計課、留置管理課、生活安全課、地域課、刑事一課、刑事二課、組織犯罪対策課、留置課、交通課、警備課とこれだけの課があります(と最近知りました)
普段、警察署とは「距離」がありますが、近くで見るとその業務は大変そうです。
「住民と警察を結ぶ役目」ですが・・・
今年4月より 任期2年  大丈夫か(笑;)
[PR]
by seizoito | 2007-07-27 07:47

献血

昨日は昭和町のテルモ甲府工場でライオンズクラブの献血事業がありました。
年間必要とされる採血量確保については概ね満たされていますが、年度末及び年末年始、1〜2月などは例年採血量が減る時期です。
こうして毎年3回でゃありますが、企業が協力して頂けるというのは誠にありがたい事です。
現在では200cc・400cc・成分献血の3種類がありますが、その多くは400cc献血です。また採血不適格者といって、特に女性は血液の比重が軽かったりして採血不可能ということもこの時期は珍しくはありません。

本日私も400ccの献血をしました、今日は全体で190名の受付で約160名の採血です。

今日いただきました貴重な血液は、地震により現在復興作業等で日本赤十字社の採血活動に支障があるため、思うような血液供給ができていない新潟県へ送られるそうです。
献血は健康な人であれば誰でも気軽に出来る社会奉仕です。
まだ一度もしたことのない方はせひご協力をお願いいたします。

f0147756_7501443.jpg
[PR]
by seizoito | 2007-07-26 07:50

鉄筋コンクリート

建築の構造計画で、木造か重量鉄骨造、或は鉄筋コンクリートで計画するかというのは、元々合理的な理由があるからです。
一般的に住宅などでは大きな空間を必要としない事や、規模的にもさほど大きくなく、3階建もまれであり、また鉄骨造のように壁の隅などに「柱型」などが出てこない事や、他の工法と比較した場合、重量的にも軽く不必要な地盤補強も不要となることから合理的であると言えます。(他にも沢山理由はありますが)

鉄骨建築は一般に広い空間を計画するときはいいですね、住宅でも1階を駐車場として利用したり、店舗など広い空間を計画するのにはもってこいの構造です。

一方鉄筋コンクリ−トは公共建築や共同住宅など、耐火性を要求される場合(合理的に)や大規模建築などでは多用されますが、一般的に住宅などでは「まれ」です。
しかし耐火性には優れ、他ではあまり見る事のできないコンクリートの肌を出すなど意匠性など他の工法ではまねの出来ない事や、どのような形も作ってしまえるといったメリットやなどもあります。
反対に重量もあることから、地盤が悪い地域では杭などの地盤補強などの目に見えない構造的な経費も発生したり、これを克服できたらノーベル賞もののヘアークラックと言われる「ひび割れ」の発生も正直危惧されます。

写真は当社で現在建築中の、1階がコンクリート打ち放しで2階は木造住宅を乗せるコンクリート+木造のいわゆる「混構造」です。
主の住まいは2階で、1階は「貴重な品物の趣味の部屋」ということで、火災等を考慮し、この構造となりました、これも合理的な建築計画と言えるでしょうね。
f0147756_8576.jpg
[PR]
by seizoito | 2007-07-25 08:09

禁 煙

私はは禁煙をはじめてから。この10月で丸4年となります。
それまでは一日40本〜50本、生活には欠かせない存在で、いわゆる「ニコチン依存症」という立派な生活習慣病でした。
一昨年に施行された「健康増進法」により、一定の場所での喫煙が制限され、今では公共施設はもちろん、駅や人が集まる場所にあっては全て禁煙となりました。またこの3月には中央線の特急電車内でもすべて禁煙となり、煙草をやめてあの臭いが大嫌いな私にとっては良い環境となり大変うれしく思っています。最近はファミリーレストランだけでなく、居酒屋さんでも禁煙席があるお店もあります。
やめたおかげで家の中や、車の中の空気はきれいになり、会社も禁煙にした結果、環境よろしくなりました。
以下はやめて感じた事
1. やめると食事がおいしく感じられ、少々食い込んでしまいちょっと太っちゃいました。
2. 煙草の臭いが大嫌いとなる
3. たばこ代がかからない(20万円/年)
4. 肺ガンのリスクから、多少のがれた。
5. 運転中煙草を吸うと、ズボンに穴があくこともなくなる
6. 家の中も臭くもなく、壁やカーテンも汚れないし家族に喜ばれる

以上、やめるといいことありますよ。ためしてみては
[PR]
by seizoito | 2007-07-24 07:50

キッチンを選ぶ

住宅の計画において大事な要素の一つにキッチンレイアウトがあります。
対面型キッチン、L型キッチンはじめ、最近ではアイランド型キッチンなどがおはやりです。また各メーカーは収納や様々な細やかな機能を付加価値とし、しのぎを削っているのが実情です。
当然ですが、キッチンを決めるときのキーパーソンは昔から女性が圧倒的に多いのです。

またよく「見せるキッチン」か、普段ちらかっているときの方が多いのでなるべく「見せたくないレイアウト」(配置計画)と様々であります。

最近は瓶類や調理器具などを合理的に沢山収納できる引き出し型収納や、4台中3台は採用する人気のIHクッキングヒーター、奥様楽に作業ができる食器洗い乾燥機や水の飛び跳ねる音を軽減したシンク、お掃除が簡単な換気システム、また少々お値段高いですが、こじゃれたカウンターなど、最近は設備機能等は充実しています。

昔と違い、現在はショールームのないメーカーさんは珍しくなっていますし、カタログだけで決めた過去とはずいぶん様変わりしましたね。
[PR]
by seizoito | 2007-07-23 07:55

サマージャンボ宝くじ


今年もサマージャンボ宝くじが発売されました。
みずほ銀行では俳優の西田敏行さんをコマーシャルとして登場させ、何と億万長者が126人と唱い、8月7日まで発売しています。
占いや暦をチェックしたり、ラッキーアイテムを身につけたり、ひたすら祈ったり、買ったくじを普段なにもしない神棚へ置いてみたりと、様々な「願かけ」が日本国中で行われます。

ご存知のように宝くじは1枚¥300円で、10枚1セットで20枚とか30枚、バラ券或は通し番号とその場で選んで買う事ができます。
購入資金として私の場合、自分の机の上に「佐藤製薬のさとこちゃん貯金箱」を置いておき、ポッケットに入っている「ジャリ銭」を半年くらいためておいて計画的に?購入します。
概ね¥10,000円〜¥14,000円位たまりますので、買う時は30枚、それも場所を変え、日を変えて買うと何だか当たりそうな気がします(笑)

しかしながら、当たったためしはないのが実情です。
なので、使い道など考えた事はありません(^:^)

一生一度でいいので1億円って当ててみたいものです。

しかし買わなければ一生当たる事はありません

もし当たったら、使い道は私が相談にのりますよ(笑)

今日は建築とは関係のないお話でした。
f0147756_17401080.jpg
[PR]
by seizoito | 2007-07-21 17:42

アドバイザー

昨日は境川カントリー倶楽部へゴルフに行ってきました。
今年は珍しく梅雨らしい日が続いていて、ちょっと晴れたりする、とじめじめして極端に暑く感じられます。
このような時期を「鬱陶しい」(うっとうしい)といった表現するのでしょうね。
このゴルフコースはキャディさんの事を「コースアドバイザー」(以下CA)と呼んでいます、県内のゴルフ場には珍しく、若くてきれいな女性が多いのも特徴です。
グリーン上でパットするとき「CAさんどっちに曲がる?」と聞くと、「傾斜はスライスですが、目(芝目)は右からですので」と一呼吸おいてから説明してくれます。
あと「登っているのでショートしないように」とか「カップを通過すると順目で早いです」とか、「残り110ヤードで打ち上げで+10ヤード」とか様々な状況を的確に教えてくれる、ゴルフのルール上、ただ一人「聞いて」よい人であります。

同じゴルフ場で10年も経験を積んでいる人と、私のように年に数回程度しか来ない人が、芝目なんて言われたってわかる訳がありません。
但し、打つのはプレーヤーですので、その通りの「情報」を整理し「的確なプレー」が出来るかどうかは、その人なりの「運」や「実力」にもよります。

建築の計画においても、同じ事が言えます、快適な住環境を作るときには、ます自分自身の建築に対するポリシー(自分流)がスタートです。
またそれを形にするときには、建築士などの専門家による的確な「情報」「技術」などを参考にする事が一般的です。上記のCAと同じく、ほとんどの建築士はあたりまえですが、建築の事はよくわかっています。

なので不安に思っていることや、わからない事などはどんどん質問してOKです。

だからといって頼ってばかりではいけません、己から(自分自身)も練習や研究も同時にしなくては何事も成就しないこともおわかりですね。
昨日は蒸し暑く、腕はまっかちんになりました。
[PR]
by seizoito | 2007-07-20 07:54