こんにちは (有)伊東工務店、専務の伊東です。建築とその周辺のお話や、日々感じた事をアップします 当社HP http://www.ito-corp.com/にも来て下さいね。メールはこちら seizo@ito-corp.com


by seizoito
カレンダー

<   2007年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

便器手すり

この呼称は「便所手すり」ではなく、「便器手すり」と言った方がいいかもしれません。
壁に設置する手すりでなく床へ固定設置します、このような形の手すりを採用する理由は二つあります。

一つは写真の様に、便所の巾が大きく、壁手すりを設置しても手が届きづらかったり、握る力に乏しいが、プッシュアップは可能だったりするケースです。
また壁手すりと違い、便器廻りに掴むところがあるのも特徴です。
一般的には壁手すりと併用する事も多いです。

この手すりは上下90mm程度の高さ調整が可能であり、体形や機能状態に合わせて設置できます。
固定方法はビスですが、床がタイルやモルタルでもOKです。

度々申し訳ありませんが、この写真も横にできませんので、首を左側にちょっと曲げて見て下さい。それかパソコンを思いっきり倒して下さい(笑)
f0147756_811726.jpg
[PR]
by seizoito | 2007-09-29 08:02

引き戸

住宅の内部では開きドアや引き戸を多用しますが、元々ドアは建築の欧米化などの影響により日本の建築に取り入れられてきました。
江戸時代などドアなんて言う物は聞いたことはありません。

現在この日本の建築に普及したドアが、体にハンディがある方にとって大変使いづらいものとなっています。

写真は洗面脱衣室の入り口ですが、元々開きドア(廊下側へ開く)だったものを引き戸とし、廊下側を走らせるアウトセットドアを施工した例です。

これは新築向けではなく、ドアから引き戸への改修工事向けです。
工事も簡単で2時間程度で終了します。
動きも軽いし使いやすいです。

写真を縦方向にできなかったので、首を左に曲げてみて下さい。
http://www.daiken.jp/door/kinou/outset.html
f0147756_7562922.jpg
[PR]
by seizoito | 2007-09-28 07:58

階段手すり

の 基本原則からお話します、絶対とは言いません、が、どの世界にも「原則」があり「応用」があります。
階段手すりの原則には「下り側利き手側設置」です、両方あればもっと良いですね(現実に両側設置は稀です)

手すり高さは段鼻(階段の先端)から垂直方向に(上に)750mmの位置に設置します、概ね材質や直径は木製で35mm程度が良いです。

飛行機と同じく、一般的に階段の上り下りは上がる時より下がる時の方が危険だらけです、室内のスリッパなど滑りやすい履物などは注意が必要です。

一頃は階段手すりの設置については、下地があるかどうかによって施工時間及び材料などの違いから工事費がまちまちなのが現状です。
お医者さんと同じ様に基本調査をしないと処方箋も書く事は出来ないと一緒で、
良く現地確認(下地等)が必要となります。

しかし最近では手すり金物も様々な状況も苦にならず、それらにきちんと対応できる金物も充実してきたことから、確実にしっかりとした施工が可能となりました。
施工者側としては大変喜ばしい事です。
明日は引き戸編です。
f0147756_754559.jpg
[PR]
by seizoito | 2007-09-27 07:54

屋外木製スロープ

教科書ではスロープの勾配は「1/12〜1/15が望ましい」とありますが、数値の理屈では多くの場合、頭の中で描いているほどスペースの確保が難しいのが一般的です。
先日もお話しましたが、下る時は一人で可能ですが、登る時は相当「力」がないと自力で登る事は不可能です。

なので、これだけのスロープ工事は「稀」(まれ)と言えるでしょう。事例は写真左側の玄関ポーチからGL(地盤面)まで900mmの落差があり、普段車椅子を介助して、毎日出入りしたい(させてあげたい)事と、幸いこれのスペース確保においては十分確保できた事例です。(もちろん登り降りは介助です)

写真の勾配は1/10です、これは1mを10cmの勾配と理解して下さい。
(高さ900mmなので斜路部分は9mということです)
踊り場のスペースも1.400×2.000とゆったり計画した(出来た)事と、介助力が十分であった事でこのような計画が可能となりました。

また地盤面との取り合いは腐食を考慮し、土間コンクリート(滑らない様に刷毛引仕上げ)としてあります
使用材料は米杉材(38×150)です。
f0147756_7572088.jpg
[PR]
by seizoito | 2007-09-26 07:59

段差解消機

屋内外の出入りについては一般的に移動条件により、段差解消機かスロープかを決定します。

全ての出入りを「自立」して行うケースと、介護者が付き添って(人的介助)行うケース、またスロープの場合、必要な場所の確保ができるかどうかという事や介助者がそれだけの「介護力」(押して登る事が可能かどうか)を備えているか、或は介護保険認定者であり、段差解消機をレンタルできるのか、はたまた買い取るのか、使用期間の見込みはどうか、外に出る頻度は週何回か?などの条件を整理し、能力、操作性、スピード、音、テーブル寸法の大きさや、駆動装置は油圧か電動モーターかなど、選定においては様々な条件の整理が必要となってきます。

写真は介護保険を使ったレンタルですが、元々腰窓だったところを掃き出しサッシュに替え、機械設置のための土間コンクリートも打設しなくてはなりません、しかしこのお陰で毎日外へ出るという機会に恵まれるという「対費用効果」もたっぷりあったケースです。

明日は木製スロープのお話をします。
f0147756_861167.jpg
[PR]
by seizoito | 2007-09-25 08:06

二等身似顔絵

ホームページやメールの署名などへ貼付けようと思い、作成してもらいました。
これもただ単に立っている姿だけではつまらないと考え、動く様に見える「お辞儀のgif」を作ったということです。
顔写真をもろに見せるわけにもいかないし。さりとて何にもないのもつまらないですので、こうしたマンガチックがいいではないでしょうか。
ミクシーやファックス用紙にも掲載やアップをしています。
皆様もいかがですか?
¥3000円でした(^;^)
f0147756_7481665.gif
[PR]
by seizoito | 2007-09-24 07:49

相性の良い道具

写真は最近頂いた新しいドライバー(1番ウッド)をティーグラウンドで構えたところです。しかしながらこの新しいドライバーはこの日、12打数1安打(内OB5回)という情けない結果でしかなく、チーピンは出るし、芯を捉えた事もなく、当たり前ですが打音も相当悪いのでした。

それもそのはず、このドライバーは本日初打ち、それも練習なんかしたことなし。
なので、当たるわけありません

しかし今お流行の道具なので、本日まで家に飾ってあったものを本日持ち出したという事です(笑)

いままで使っていた(いる)ドライバーは、かれこれ7年使用していますがこちらのドライバーの方がはるかに打ちやすいですし、距離も出ます。

やはり「長年慣れ親しみ馴染んだ相性の良い道具」は改めていい事と、道具というものは使いこなさないとだめという事を理解できた日でした。


f0147756_7543934.jpg
[PR]
by seizoito | 2007-09-22 07:58

「現場最前線」の記事

7月に福祉住環境コーディネーター協会さんより依頼を受け、年3回発刊している協会の通信誌の中の「FJCの現場最前線」という記事へ掲載される事となった事は、以前お話しましたが、この「ゲラ」(記事案)のキャッチボールが終了しました。
8月上旬に東京より記者さんが来社され,様々な質問やら、世間話のなかで「文字」(記事)にしていきます、それでも誤字や私なりにこうしてほしい部分もあったので、数回ゲラ修正をお願いしてきました。
3月に山梨日日新聞の「顔」へも出して頂いたり、またこうして機関誌にも掲載して頂けるという事は、大変有り難い事です。
またちょっとゆ〜め〜になちゃいますね。
発刊は10月25日です。

※参考までに
福祉住環境コーディネーター協会HP
http://www.fjc21.org/
福祉住環境コーディネーター協会とは、東京商工会議所、NPO法人「生活・福祉環境づくり21」などの関連団体の支援により、
福祉住環境コーディネーター検定試験の合格者が、真に役立つ人材として認知され、活躍できる状況を目指し、相互連携、個々のスキルアップ、情報の収集・発信等を行うために設立された団体です。
f0147756_7491211.jpg
[PR]
by seizoito | 2007-09-21 07:50

秋期高校野球山梨大会

この夏に佐賀県の県立高校が優勝した甲子園大会が終了したと思いきや、地方大会はもう始まっちゃいました。
9月16日は甲子園出場の甲府商業や山梨学院、市川高校が出場するので、あの蒸し暑い中でしたが、甲府の緑が丘球場へ行ってきました。
いすれも1年生と2年生で構成された「新チーム」であるので、どこの高校が強いだとか、どこのピッチャーが良いとかまだあまり情報はないのが現状です。

ここで良い成績である事と、関東大会で優秀な成績であれば、来春の甲子園大会の出場も見えてきます。

この第一試合開始の朝9:00から昼まで見ていましたが、緑が丘球場の観客席はコンクリートなので少々お尻が痛くなってきます。(笑)
f0147756_7502699.jpg
[PR]
by seizoito | 2007-09-20 07:52

人口構造

65歳以上の高齢者(65歳以上の人の事を高齢者と呼びます)の人口は2744万人で総人口の21.5%に達し、人口、比率とも過去最高を更新したことが、総務省が「敬老の日」(17日)にちなんで発表した推計(15日現在)で明らかになりました。男女別では、男性1169万人、女性1575万人。男性全体の18.8%、女性全体の24.1%を占め、女性では「4人に1人がお年寄り」という状況に近づいています。80歳以上の人口も713万人と初めて700万人を超えました
 高齢者人口は、50年に411万人、総人口の4.9%でしたが、85年には1247万人、10.3%、05年には2576万人、20.2%。高齢化傾向が進んでおり、今年も06年から87万人増。80歳以上に限ると、男性236万人に対し、女性は478万人とほぼ2倍です。

生産年齢人口(15〜64歳)に対する65歳以上の人口の比率(老年人口指数)は33.1。同指数でみると、70年には10人で1人、95年には5人で1人のお年寄りを支えていたが、今年は3人で1人のお年寄りを支えている計算になり、働く世代の負担が増していることがわかります。

また高齢者の中で仕事に就いている人は、06年時点で510万人。初めて500万人を上回り。産業別では、農林業が115万人と2割強を占めていますが、近年はサービス業(86万人)の割合が増えています。
と16日付けのニュースで報じられました。

これが現在の日本の人口構造です、安心した社会保障制度の確立やや格差是正など、様々な問題が山積しています。
福田氏か麻生氏、いすれにしても国民の方をしっかり向いてがんばってほしいですね。
f0147756_7553551.jpg
[PR]
by seizoito | 2007-09-19 07:58