こんにちは (有)伊東工務店、専務の伊東です。建築とその周辺のお話や、日々感じた事をアップします 当社HP http://www.ito-corp.com/にも来て下さいね。メールはこちら seizo@ito-corp.com


by seizoito
カレンダー

<   2007年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

トイレに手洗い場を付属させ、「手洗い」と言う言葉をトイレの意に使うきっかけとなったのは、禅宗の思想に由来すると言います。

インドでは左手は不浄の手とされ、排便後の尻は見ずとも左手の指で拭くことになるそうで、我々日本人は理解に苦しむところです。
なので手で食事をする時は必ず右手でするのが鉄則のようです。

O157や大腸菌は世界共通の細菌ですので、手洗いの励行は大事です。
写真は「細菌」ではなく「最近」お流行となっているカウンター式の手洗いです。

これらに出くわすと洗わなくては出てこれません。
お洒落になりました。

f0147756_757739.jpg
[PR]
by seizoito | 2007-11-30 07:59
本日も手洗いのお話です。
狭い空間である事から、壁へ埋め込んだりしてスペースの確保を図る事が要求されます。

写真は薄型で、出しろが175mmですので設置場所を誤らなければ邪魔にはなりません

水はねへの考慮や自動で水が出る自動水栓など、最近はこうしたお洒落な手洗いが増えました。

ちなみにヤフーの意識調査のアンケートでは、公衆トイレや自宅のトイレで手を必ず洗うが70%、ほぼ洗うと回答した方は18%たまに洗うは11%、まったく洗ったことなどないと回答した方は3%という結果だそうです。

f0147756_7511182.jpg
[PR]
by seizoito | 2007-11-29 07:51
本日はロータンクの手洗いについてお話します。

一頃は全てここで完結すべく、タンクに手洗いを設置したものは多く使われてきました。
これらの多くの問題として、ロータンクから出た水を使い手を洗った場合、水はねで壁にカビが生える事や、手先から水滴が落ちるため写真のように近くにタオルを掛けなくてはならない事。

また振り返らないと手が洗えないばかりか、無理な姿勢となる事を考えると合理的ではないのが理解できます(ちょっと遠いです)

なので、用を足し、手を洗い、タオルで拭くという一連の動作は大事なことです。

昨今、ロータンクへ手洗いを設置するのは「最後の手段」(苦肉の策)と言えそうです。

f0147756_7505531.jpg
[PR]
by seizoito | 2007-11-28 07:51
出ました、洋式水洗便所の「はしり」に登場したオーソドックスな便器です。

タンクは分離型でコーナー設置タイプで、便器は「洗い落とし式」です。

古い建物であれば今でも見かける事は多く、歴史を感じます。

現在ではこの便器を使用するケースはほとんどとないんのが実情です。
あと数年するとカタログから無くなる日もくるのでしょうか。

水洗便所の「大先輩」です。

f0147756_7531754.jpg
[PR]
by seizoito | 2007-11-27 07:53

2007年度 漬け物

一年は早いもので、またこの時期が来てしまいました。
も十数年同じ事の繰り返しですが、毎年楽しみの一つとなっています。

昨日、旧御坂町へ大根掘りに行き、洗って干したまでの工程です。
例年ですと暖かな陽気のため、年を越しても早く酸っぱくなってしまう事が多いのですが、冬らしい陽気となってくれれば漬け物にとっては良い条件となります。

見た通り、今年は細めの品種ですので、ビール瓶より小さく食べる頃には¥500円硬貨の大きさになると思われます。

漬け込みは来週2日を予定しています。

自分で作ると美味しいのです(笑)

f0147756_822488.jpg
[PR]
by seizoito | 2007-11-26 08:02
ご存知の様に今年の夏は、ここ数年経験をした事のない暑さでした。
また最近は北国でも寒波により降雪もあり、山梨でも例年になく寒い日が続きます。
このような陽気であることから、便所内部も寒くなりがちです。

そこでトイレの床へ掃除のしやすいハイドロテクト加工した床パネルへ電気式の足元ヒーターを組み合わせたものの紹介です、商品名はハイドロセラ・フロアJHといいます。

よく反射式の電気ストーブなどを便所へ持ち込んでいるご家庭を見る事がありますが、やはり床暖房も快適です。

定価は¥75,000円でコンセントに差し込むだけで使えます、暖かそうです。

今年は例年になく寒い冬となるのでしょうか。

f0147756_7515880.jpg
[PR]
by seizoito | 2007-11-24 07:52
便器のカラーの種類は何種類あるかご存知ですか。
現在TOTOでは13カラーがあり、そのうち便座専用として6種あります。
一般的に住宅で最も多く採用される色としてはパステルアイボリー又はホワイトグレーなどが多用されます。
病院などででは健康状態を把握する目的としてホワイトを採用しています。
暖かみのあるカラーとしては、ハーベストブラウンやまれにパステルピンクなどを選ぶ事もあります。
アイボリー系統のカラーであれば、便所内部の床壁などに関連付ける事もなく自然に溶け込める衛生的な色ではないでしょうか。

http://www.toto.co.jp/products/toilet/t00001/color.htm
[PR]
by seizoito | 2007-11-23 08:05
足腰の機能が悪いため、便所での立ち座りに支障がある方が用います。

手すり付きで手元のスイッチで電動モーターにより上下する仕組みのものです。
写真は斜め昇降ですが、垂直のみに上下するタイプもあります。

比較的斜め昇降型が前方へ押し出される動きから、立ち上り易い構造となっています。

介護保険上では「福祉用具購入費」として9割が支給されます。
ちなみに定価は¥131.600円です。

こうしたものが頼りとなることがあります。

f0147756_7495925.jpg
[PR]
by seizoito | 2007-11-22 07:51
一般的に便所は狭いものでありますが、最近では広めに計画する事が多いというお話をしました。

しかしながら、どうしても計画にあたりそれだけのスペースしか確保出来ない事もあったり、便所スペースの特別拘りがない方には写真のような「省スペース」で機能を満足させる方法もあります。

いわゆる3尺×6尺(壁芯で910mm×1.820mm)便所でこれが可能です。

便器正面に巾780mmの手洗いを設置する事と、入り口の計画(入り口位置)に注意すれば簡単に計画できます。

建築も色々、トイレも色々です。

f0147756_8322543.jpg
[PR]
by seizoito | 2007-11-21 08:32
昔は便所の事を「厠」(かわや)と呼んだり、「憚り」(はばかり)と言いました。
最近ではトイレと呼称したり、WC やレストルームと言ったりします。
また雪隠・御不浄・手水・御手洗・化粧室と多くの呼び方があるのも「便所」の特徴かもしれません。

商品名はレストルームドレッサーと言います。
元々狭い便所へ、手洗いや鏡、収納などの機能をコンパクトに計画するために考えられたものです。

省スペース故に最低限の機能ですが、これで十分お役にたちます。
お値段もそれほどお高くありません。

これを見る限り「厠」(かわや)「憚り」(はばかり)のイメージとはほど遠いです。

f0147756_7513712.jpg
[PR]
by seizoito | 2007-11-20 07:55