こんにちは (有)伊東工務店、専務の伊東です。建築とその周辺のお話や、日々感じた事をアップします 当社HP http://www.ito-corp.com/にも来て下さいね。メールはこちら seizo@ito-corp.com


by seizoito
カレンダー

<   2008年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

乗ってきました。ヘリコプター(^:^;)
南甲府警察署協議会委員さん10名が参加しました。
ここは市川三郷町にある県警航空隊のヘリポートです。

操縦士2名、機関士1名と我々の委員さんそれぞれ2回に分け5名+3名の搭乗です。

旅客機は何度か乗りましたが、ヘリコプターははじめてでした。
およそ25分の空の旅です。

少々酔いました(笑;)

f0147756_7434576.jpg
[PR]
by seizoito | 2008-07-31 07:45

転落事故

昨日のニュースから

足場転落死,再び増加…昨年、作業中に207人
ビルやマンションなどの建設作業中、転落して亡くなった人が昨年、全国で207人(前年比17人増)いたことが厚生労働省のまとめで分かった。足場からの転落死が目立つことから、足場関係の会社で作る「全国仮設安全事業協同組合」(東京都中央区、150社)は安全基準を義務化するよう国に求めている。

同省によると、98年には転落死者が313人いたが、減少傾向で06年は190人にまで減った。しかし、昨年は増加に転じ207人になった。過去10年の死者は2486人に上り、うち2割以上が足場からの転落だという。

同省は03年に足場に関するガイドラインを策定。(1)足場と平行に2カ所の手すりを設ける(2)踏み外しを防ぐため床の端に板を置く「つま先板」を設置する——を求めた。国土交通、農林水産両省も昨年から、直轄工事で2段手すりとつま先板などの設置を義務化するなど、安全対策は広がっている。

しかし、同組合によると、ガイドラインでは、手すりやつま先板は、建物を覆うシートで代用できるとしているため、民間の建設現場では、シートを利用して2段手すりなどの安全対策が進んでいないという。

小野辰雄・同組合理事長は「転落死の犠牲になっているのは、下請けの日雇いの労働者たち。ガイドラインを法制化して安全対策を義務化すれば不慮の事故が防げる」と訴える。厚労省建設安全対策室は「転落死はガイドラインによって改善されつつあるが、いっそうの安全対策を進めたい」と話している。


とあります。高所での作業では常に危険と隣り合わせとなります。
また現場だけでなく、水分補給や十分な睡眠など、普段の健康管理も大事である事は言うまでもありません。

「安全第一」です。
[PR]
by seizoito | 2008-07-30 07:42

AED

昨日のニュスでこんなものがありました。
■新幹線車内にAED設置 東海道・山陽の全編成
JR東海とJR西日本は28日、東海道・山陽新幹線の全編成で車内に自動体外式除細動器(AED)を設置すると発表した。JR旅客6社によると在来線を含めJR車内での設置は初めて。病気やけがで突然、心臓や呼吸が止まった人に電気ショックを与えて救命を図るAEDは、駅や空港など公共施設への導入が進んでいる。私鉄では、小田急電鉄が3月から一部の特急ロマンスカーの車内に設置
(以上、昨日の記事から)

今や公共施設はじめ、ショッピングセンターなどで整備がすすんできています。
今年の5月にはライオンズクラブの勉強会の中で、このAEDの実施使用説明を行いました。
今、目の前にこれを必要としている救急患者さんがいたとしても、慌ててしまう方も多いのではないでしょうか、しかし使用方法はいたって簡単ですが、その場その時にどれだけ冷静になれるかがポイントです。

このレクチャーと心臓マッサージも教えて頂きましたが、このマッサージの方が体力必要です。
[PR]
by seizoito | 2008-07-29 07:54

ジャンボジェット

B747-400
基本スペック(性能)は以下となります。
全巾64.31m
全長70.31m
全高19.4m
機体重量180.850kg
最大巡航速度 マッハ0.85
最大航続距離13.600km
最大座席数550席

未だにこんなものが空を飛ぶことがよく信じられないと言うとバカにされます(笑)

写真は以前九州へ行ったとき、福岡空港を離陸した直後の映像です。

飛行機乗って、どこか行きたいですね。


f0147756_7533277.jpg
[PR]
by seizoito | 2008-07-28 07:54

こじゃれた居酒屋

気のあった仲間と良い空間で酒を飲む事はストレス解消法の一つです。
最近県内でも小洒落たお店が増えました。

良い空間、良いもてなし、良い料理や美味い酒は、酒のみにとってはどの要素も欠く事の出来ない要素です。


写真は3年前に建築させて頂いた、中央市(旧玉穂町)にある、鮨と地鶏と炙り焼きの「味厨庵」(みくりあん)です。

昨晩久々に行ってきました。
皆様もぜひどうぞ。

味厨庵(みくりあん)
http://www.mikurian.com/

f0147756_8111673.jpg
[PR]
by seizoito | 2008-07-26 08:11

段差

昔の日本家屋は、その歴史や工法から「段差だらけ」です、またそれを「良し」としてきました。

玄関土間から床まで250mm〜300mm、また玄関ホールから客間である和室へは立派に見える120mmの蹴上げ(段差)は当たり前、便所の内開きドアのスリッパかわしの段差や跨いで入る敷居、浴室にあってはその水処理から脱衣室からは150mmの段差など、元々日本の住宅はそれなりの理由や木組という木工事の構造上の都合などがあり現在に至ります。

その当時、30代〜40代に家を建てた方々にとって、将来足腰が悪くなった時の事を考え、いわゆるバリアフリーにしておくということは、頭の片隅にはないのが実情です。
現在では住む側にとって不都合が生じているそれらの住宅を少しでも暮らし易くするために様々な住宅改修工事が行われています。

それまで住宅にバリア(障害)を感じなかった事でも、年齢を重ねると誰もが何らかのハンディキャプがついてきます、だからといって安直に住環境だけを整備すれば良いというものでもありませんし、そこにはソフトも大きな要素となります。

写真は今週引き渡しをする住宅の玄関ホールです、車いすで通過するためステンレスの上框を境に段差は設けてなく、健常者であってもバリアがない事がバリアになることもありません。

段差がある理由もあれば、段差がない理由もあります。

f0147756_751237.jpg
[PR]
by seizoito | 2008-07-25 07:52

夢にも出てこない

「♪サマージャンボ3億円♪」と今や日本国民的行事となりました。
ここ数年、サマージャンボ、年末ジャンボと年間最低2回は買うのですが、当然未だ当たったためしなし、しかし買わなきゃ当たらない宝くじです。

いつもながらこの購入軍資金は私の会社にある貯金箱でジャリ餞を貯めたお金です。
今回も¥14,000円貯まっていました(笑)

不労所得(働かず所得を得る事)的ではありますが、3億とは言いませんが、せめて1千万、いや10万円でいいので一度でいいから当たってみたいものです。

昨日はいつもの甲斐市岩下百貨店、数日後には甲府駅北口と県庁前でそれぞれ10枚購入を予定しています。

こうして「夢」は毎回買うのですが、夢でもいいから見てみたいものです(^:^;)

f0147756_753353.jpg
[PR]
by seizoito | 2008-07-24 07:54

以前もお話しましたが、この秋に標記の講座を開催します。
試験日は11月23日(日)第21回検定試験です。

講座日程は10月26日・11月2日・11月9日・11月16日いずれも日曜日、朝10:00〜17:00までしっかりと勉強して頂きます。

講師は当山梨福祉住環境を考える会の専門職のメンバーが交代で行います。
受講料は4日間でなんと¥10,000円ポッキリ(古い;)

尚、定員が限られていますので、早めの申し込みをお願いします。
ちなみに私も講師で、模擬試験も作成担当となりました。

申し込みは以下のアドレスへ

seizo@ito-corp.com
[PR]
by seizoito | 2008-07-23 08:02

144km

全国高校野球山梨県大会は、昨日、甲府の小瀬球場で3年ぶり5回目の出場を狙う、航空高校と、春夏通じまだ甲子園出場のない帝京高校との私学同士の決勝戦となりました。

結果は投手戦を制した日本航空高校が1対0で完封勝利を納めるというものでした。

プロのスカウトも注目している航空高校のピッチャーの北野くんは、マックス144kmの直球と130km前半の高速スライダーを武器に甲子園での活躍が期待されます。
[PR]
by seizoito | 2008-07-22 07:59

てっきん

異形鉄筋(いけいてっきん)とは建物の構造用材料のひとつで、鉄製の棒を圧延して表面にリブや節と呼ぶ凹凸の突起を設けた棒状の鋼材。丸鋼に対して異形のため丸鋼と区別して呼ばれる。異形棒鋼(いけいぼうこう)ともいう。

表面が平滑な丸鋼と呼ぶ鉄筋に比べ凹凸があることからコンクリートやモルタルの付着性を高める働きがあり、同じ直径の丸鋼よりも引き抜き力に抵抗する力が強い。
鉄筋コンクリート構造を初めとして鉄骨鉄筋コンクリート構造、鉄骨造の基礎部分、ブロック構造の補強など、コンクリートやモルタルを用いる建造物や構造物で用いられる。

ブロック塀などの軽微な構造物では呼び径10mm程度の異型鉄筋をブロックの継ぎ目部分に縦に配置し、数段毎に水平方向に配置し、ブロックと鉄筋の隙間にモルタルを充填することで地震などの耐性を持たせる。このとき、垂直方向に配置する鉄筋を縦筋(たてきん)、水平方向に配置する鉄筋を横筋(よこきん)と呼ぶ。
※ フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋

一連の耐震偽装事件で有名になった?「鉄筋」です。
本来、建物の構造には欠く事の出来ない需要な建築材料の一つです。
最近は鉄の需要も高まり、一頃¥70,000/tだったものが¥120,000/tとなってしまいました。
北京オリンピックが終了すれば、原油と共に安くなるのでしょうか。
写真は以前、鉄筋屋さんからもらったD51(異形鉄筋 デゴイチとも言う)です。
普通の建築ではこのように太い鉄筋を使うことなどありません、普段のRC構造でも鉄骨建築でも25mmと言えば太い部類です。

f0147756_841779.jpg
[PR]
by seizoito | 2008-07-21 08:04