こんにちは (有)伊東工務店、専務の伊東です。建築とその周辺のお話や、日々感じた事をアップします 当社HP http://www.ito-corp.com/にも来て下さいね。メールはこちら seizo@ito-corp.com


by seizoito
カレンダー

<   2010年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

住宅購入活性化のための政策である住宅エコポイント、住宅ローン減税、優良住宅取得支援制度(フラット35S)の中で、住宅エコポイントの認知度は約4割で最も高い。不動産関連の情報を提供するウェブサイトの運営などを手がけるハイアス・アンド・カンパニー(本社:港区)の調査で明らかになった。
 調査の結果、住宅エコポイントについて「知っている、およその内容を知っている」とした回答者は39.7%。住宅ローン減税は34.9%、フラット35Sは20.8%だった。
調査は、同社が運営するウェブサイト上で選択式のアンケートの形で実施した。調査時期は2010年4月26日から5月15日で有効回答数は2083人。うち住宅購入前の人が58.6%、住宅購入済みの人が41.4%だった。住宅未購入者に対して、「現在はあなたにとって住宅が買い時だと思うか」を聞いたところ、60%の人が「買い時だと思わない」と回答した。

住宅購入済みの人、未購入者で今が住宅の買い時と思う層、思わない層という3つ属性で比較してみると、住宅エコポイントの場合、買い時と思う層への認知度が60.9%と突出して高かった。住宅購入済みの人の認知度は39.5%、買い時と思わない層の認知度は24.7%だ。他の住宅政策の「買い時と思う層」への認知度を見てみると、住宅ローン減税が32.6%、フラット35Sが28.2%であり、住宅エコポイントの浸透度の高さが目立った。

やはり思う気がないと当然関心度も低いものです。
住宅に限った事ではありませんね。
f0147756_18343634.jpg
[PR]
by seizoito | 2010-05-31 18:34
3月から工事をはじめた認知症対応型共同生活介護施設も中盤です。
屋根工事も終了し、現在内部造作中です。

空調やスプリンクラー、電気設備工事もそれぞれ配管、配線工事も進んでいます。

毎日大工さんや電気屋工事、空調設備工事の職種など、15名〜20名の職人さんが入っている状態です。
大変ご苦労様です。

f0147756_18294759.jpg
f0147756_1830151.jpg
[PR]
by seizoito | 2010-05-29 18:30

これ欲しいですね。

今の世の中、何が商売になるのかわかりません。

ブックマークしてある「密買東京」(みつばいとうきょう)さんのサイトから見つけました。
色も派手目なリュックサックですが、元々「大売り出し」ののぼりだそうです。
これ欲しいですね。

お値段¥25,200円だそうです

http://www.mitsubai.com/tokyo/index.html


f0147756_19175820.jpg
f0147756_19182290.jpg
[PR]
by seizoito | 2010-05-28 19:18
環境共生住宅が提唱されるようになった背景には、地球環境問題(温暖化や酸性雨、自然破壊の進行など)、資源・エネルギー問題(使用量の増大、将来的な枯渇、廃棄物の増大など)、住宅問題(高齢化等にともなう健康・快適・安全性の確保、都市化による自然・周辺環境の悪化、室内空気汚染による健康への影響など)があります。

建設省(現国土交通省)では、1990年の「地球温暖化防止計画」の実施にともない、住宅分野での省エネルギー施策と並行して、(財)建築環境・省エネルギー機構(以下IBECという)を事務局に、「環境共生住宅研究会」を設置し、環境共生住宅の研究開発に着手しました。研究開発は、学識経験者、住宅建設に係るあらゆる方面の企業会員により進められました。その後、1994年に「環境共生住宅推進会議」に改組、1997年からは「環境共生住宅推進協議会」(参加会員約90社)として環境共生住宅の普及推進を進めています。

環境共生住宅とは
「地球環境を保全するという観点から、エネルギー・資源・廃棄物などの面で充分な配慮がなされ、また周辺の自然環境と親密に美しく調和し、住み手が主体的に係りながら、健康で快適に生活できるよう工夫された住宅、およびその地域環境」と定義されています。


f0147756_1852233.gif
[PR]
by seizoito | 2010-05-27 18:52

2011年

今年は天候不順により、葉ものを中心として野菜が高騰するなど、その影響は生活に大きな影響を与えました(与えています)

これに対応するわけでもありませんが、小さいですが我が家でも家庭菜園を連休に作りました。
これから夏に向かい、ナスやトマト、キュウリなど日増しに大きくなってきて楽しみの一となっています。

こんな時期ですが、毎年会社のカレンダーをお願いしている名古屋の業者さんが来社し、「来年のカレンダーもお願いします」と見本を持ってきてくれました。

もう来年の準備なんですね(笑)

f0147756_16183518.jpg
[PR]
by seizoito | 2010-05-26 16:18

うまいもの屋

東京・新橋。 人はそれを「リーマンシティ」と呼ぶ。 膨大な数のサラリーマンが日夜、たむろしているからだ。 JR東日本と東京メトロ、都営地下鉄の統計によると、新橋駅の2008年度の利用客は、1日に50万人を超える。_ 同一人物が朝夕2回利用し、乗り換えだけの客もいるだろう。そういったことを考慮すれば、おそらく20万人前後のサラリーマン・サラリーウーマンが新橋に通勤しているのではないだろうか

その「リーマンシティ新橋」が世界に誇る和風居酒屋をご存じだろうか。名前は「魚金」。「うおきん」と読む。新橋を中心に、「魚金」は10以上の店を持つ。極めて新鮮な魚を出す。たいへんにうまい。さらに、東京の繁華街というのに、価格は良心的だ。居酒屋の鏡である。この店には毎晩、新橋のリーマンが大挙して押し寄せている。本日ご紹介するのは魚金の「4号店」である。

生ビール(520円)を飲みながら、「新さんまのタタキ あぶりたて (ワタ正油付)」(580円)を食す。絶品である。 さんまは表面があぶってあり、一口大に切られている。中心部には赤い魚肉が見える。ハラワタが混ぜられている「ワタ正油」と一緒に食べると、口の中でさんまの濃厚なハーモニーが展開される。

とても新鮮であり、良質のあぶらが十分にのっている。鮮度がいいから、おいしくいただける。新橋で新鮮な新さんまを食べたのである。

こんなのぜひ食べてみたいですね。

47NEWSより
http://www.47news.jp/
f0147756_18582041.jpg
[PR]
by seizoito | 2010-05-25 18:58

何事も前向きに

先人の言葉に「口は災いの元」と言います

いよいよ来月から福祉住環境コーディネーター2級検定試験対策講座が6月6日より7月4日まで、毎週日曜日朝10:00〜17:00まで行なわれます。

昨年、一昨年と私の担当は第6章の福祉用具でした。
過去2回も行なうと人間飽きてくるもので、「今年はどこでもいいよ」と、たしか2月くらいに会で話した事があります。

私の担当は6月20日ですので、まだ日もありますが、何と二時間頂いてお話する分野は専ら福祉系の専門職の先生方がお話ししそうな「相談援助の考え方と住環境整備の進め方」です。

ケアマネジメントやアセスメントなどその視点とか地域包括ケアだとか、建築屋がお話するには何となく心配な分野です。

さらにこの気持ちにに追い打ちをかけるように、受講者18名の内、何と介護福祉士さんが3名、ケアマネさんが4名と、まさに「釈迦に説法」をしなくてはいけません。

でも今更この程度でめげる事もないでしょう、開き直りも大事です(笑)

「言うんじゃなかった」と少々後悔の念もないわけではありませんが前向きにがんばります。

鳩山さんも同じ気持ちでしょうか、前向きにばんばっていきましょう。
[PR]
by seizoito | 2010-05-24 18:11

今日の言葉

人は愛する人のためならがんばれる

人間って、愛する人のためならがんばれるもんです。ハングリー精神が強いとか、恨みの心は強いとか、ねたみの心は強いとか、いろいろ言いますけど、そんなのはウソです。
世の中で一番強いのは愛の力です。
この力さえあればどんなときでもがんばれるもんです。
愛は世界も救うし、貴方も救います。

斉藤一人さんHPより
http://www.hitorisangayatteru.com/


f0147756_18542421.gif
[PR]
by seizoito | 2010-05-22 18:54

福祉住環境

ここのところ福祉住環境整備工事(いわゆる介護保険を使った工事)のお話を多数頂いています。

お話を頂いたケアマネージャーさんやご家族と共に現地確認を行ない、本人のADL(日常生活動作)の確認はもちろん、家族の介護力や在宅での生活動作やパターン、排泄動作、入浴動作、食事や就寝、また出入り頻度、室内移動方法や福祉用具やデイサービスの利用など、たとえ手すり1本付けるにも、こうした「在宅生活」全般を見た上で提案を行なわないと、合理的な環境の構築は困難となる場合があります。

建築の提案はこのお宅の「生活イメージ」をしっかり頭の中へ入れる事から始まります。

なので 面白みもあり奥の深い大事な仕事です。
[PR]
by seizoito | 2010-05-21 18:13

古き良い時代です

甲府で生まれ、4年間の大学生活以外は甲府で育った私にとって、記憶にある「山梨の風景」は数多く残っています。

甲府駅前の水晶の噴水や甲府城後の零戦飛行機、電気館や武蔵野館などの春日町など数えきれない思い出があります。

今日紹介させて頂くホームページは私の生まれた昭和33年はおろか、古き良い時代の甲府を映し出す貴重なページです。

なので一度ご覧下さいませ

峡陽文庫
http://kaz794889.exblog.jp/
[PR]
by seizoito | 2010-05-20 21:07