こんにちは (有)伊東工務店、専務の伊東です。建築とその周辺のお話や、日々感じた事をアップします 当社HP http://www.ito-corp.com/にも来て下さいね。メールはこちら seizo@ito-corp.com


by seizoito
カレンダー

<   2010年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

現在、会社のホームページのリニュ−アルの作業をしています。およそ10月半ばにはアップロードする予定となっています。
現在の作業というと、ビジュアル(写真)の整理です。
元々ホームページを意識して撮影していない写真ばかりであることが、今になって後悔しているところです。

今回のアップは、会社のホームページとは別に、「福祉住環境」の独立したサイトもアップします、やはりこちらの内容ではターゲットが決まっている事などがあるため、別なサイトとする事としました。
こちらも現在ネタ収集と文章を作成中です。

元々文才がある訳も無く、毎度苦労するところです。

いましばらくお待ち下さい。
[PR]
by seizoito | 2010-08-31 18:06

外壁のお話

それまでは左官屋さんのモルタル刷毛引き仕上にアクリルリシン吹付けというのが一般的な外壁仕様となっており、「それが普通」とされてきた時代から、塗装の種類やグレードも豊富になり、最近では窯業系いわゆるサイディング貼りや、光触媒系など性能をもたせた外壁、少々お値段も張りますが乾式タイル貼りなど高級材料も豊富にあります。

一般に住宅などの外壁の再塗装の目安はアクリルリシンで10年〜13年、弾性塗料系だと15年前後と言われています。
タイルなどであれば数十年は耐久性はあるものの、剥離等には注意が必要となります

写真はノンクラックモルタルの上に塗装+鏝塗り(厚塗り)の見本です、「アイカ工業」のジョリパットです。

重厚なイメージでありつつ、耐久性にも富んだ外壁仕上材の一つです。


f0147756_16552653.jpg
[PR]
by seizoito | 2010-08-30 16:55

瓦のお話

久々に建築のネタです、人間で言うと頭の部分となる「瓦」のお話です。

昨今ではセメント系瓦、スレート系、金属や陶器など、様々なシーンに合わせた屋根材があります。
最近ではあまり使われなくなりましたが、着色をしたセメント瓦などは昭和30年代〜40年代には良く使われた屋根材です、またカラーベストと言って薄型スレートは現在でも洋風建築などには良く使われています。

写真は平板の三州瓦です、メーカー品番は丸栄陶業ローマンLL40です。
しっかり焼いてあるので、セメント系みたいな経年変化は感じられません。

現代和風建築などには大変お似合いの瓦です。

丸栄陶業  http://www.eishiro.co.jp/

f0147756_16423750.jpg
[PR]
by seizoito | 2010-08-28 16:43
私のゴルフ歴は約20年となりますが、一向に安定したスコアとはならない上に、スコアも100以上打つ時もあれば、たまに80台後半が出たりと、不安定です。

数年前には30台スコアも年に数回記録するなど、調子の良い時期もありましたが、ここ数年は腰の痛みなどもあるせいか、伸び悩みといったところです。

昔は面白がって練習場もこまめに行ったものですが、今では現場が練習状態です。

しかしこのところの陽気では暑くてゴルフどころではない状態あります、それでも9月になれば涼しくなる環境でプレーできるといいですね。

来週は河口湖の富士桜カントリークラブで行なわれる、フジサンケイクラッシックが行なわれます。

本日はゴルフのお話でした、
[PR]
by seizoito | 2010-08-27 18:43
毎年10月に当ライオンズクラブで行なう、盲導犬育成資金募金活動は、再来月の11日(月 体育の日)に昭和町西条にあるイトーヨーカドー甲府昭和店にて、今年も地元中学生30名と共に行う事となりました。

この中学校では数年前から「心の教育」を取り入れたカリキュラムを行なっており、この募金活動を通じ、「福祉の心」など何か感じ取ってもらえると良いと思っています。

この活動が子どもたちに対する「福祉教育」となったり、現在全国で盲導犬を必要としている方々に対し、より満足できる育成環境の構築の一助となれば、正に一石二鳥のアクティビティーとなります。

ライオンズクラブも「一生懸命」がんばっています。
[PR]
by seizoito | 2010-08-26 18:24

大安でお願いします

建築に先立ち、地鎮祭や建方時における上棟式などは、特別な理由がない場合、一般に建築主様や建築屋さんは大安吉日を選びます。

会社にあるカレンダーも大安、先勝などが書かれたものを吊るすのですが、例えば来年の春の大安だとどこで見ればいいのかわからない場合があります。

そこでこれ 「日めくりカレンダー」
http://www.himekuricalendar.com/

来年でも再来年でも数十年後でも見る事ができます。

一般に仏滅を選んで行なう事は嫌う国民性もあり、大安若しくは友引或は先勝など気にしますよね。

f0147756_18144227.gif
[PR]
by seizoito | 2010-08-25 18:14
昨日、二時間ほどかけて答え合わせをいたしました。

あまり気が乗らなかったのですが、前半調子よく。後半そろそろあぶない調子でしたが、合格基準の70点はクリアできそうです(私の解答が合っていれば76点です)

それにしても住環境の部分で誤った解答をしてしまいまして、お恥ずかしい限りというか情けないですね。

7月下旬から約一ヶ月ほどの勉強時間でしたが、再試験でも大変なので一回で結果が出せそうで安心しています。

次回は何に挑戦しましょうか? 建築や福祉に関係するものには限りませんので、どなたかご紹介をお願いします(笑)

これでしばらく普通の生活に戻れそうです。
[PR]
by seizoito | 2010-08-24 16:21
昨日、東京の世田谷にある日大文理学部において、第三回認知症ライフパートナー応用検定試験が行なわれました。

東京会会場だけでおよそ500名の受験者なので、全国でも800〜1.000名の受験者はあったのではないでしょうか。

昨年の基礎検定試験でもそうでしたが、受験者の7割は女性なんですよ、認知症の7割も女性という事とは関連があるとは思えないですが。

で、試験の手応えを一言で言うと、難しい試験でした、まだ答え合わせはしていませんが、合格基準の70点あるかないかといったところです。

「活動分析」といった、テキストのどこに出ている?的な問題も沢山あり、予想していた問題からは少々どころか相当ずれていたような試験問題でした。

今日夕方までにはわかる範囲での答え合わせはしようと思っていますが、少々(たっぷり)気が重いですね(笑)

f0147756_12495535.gif
[PR]
by seizoito | 2010-08-23 12:50

本日は

ライオンズクラブ国際協会330−B地区11R2Zガバナー公式訪問・合同例会が、南アルプス市櫛形生涯学習館で行われました。

今日も暑い中、車での移動も汗だくだくです。

夕方からは甲府発17:27分のかいじで東京へいきます。

以前お話した認知用ライフパートナー応用検定試験です。

いよいよ明日から酒が解禁となります、早く生ビールをおもいっきし飲みたいです(笑)

試験の様子や手応えは月曜日のブログで(^;^)
[PR]
by seizoito | 2010-08-21 16:19

富士吉田へ

以前依頼されていました、福祉住環境の講演会を行ってきました。

富士吉田は甲府と違い、講演会を行った富士ふれあいセンターではエアコンもなく、広い研修室では扇風機と窓開けっ放しの状態でも快適です。

お昼は吉田のうどん、ネットで調べて「麺許皆伝」さんで「よくばりうどん」を食してきました。

甲府のクソ暑さからみると比較できませんね。
[PR]
by seizoito | 2010-08-20 16:09