こんにちは (有)伊東工務店、専務の伊東です。建築とその周辺のお話や、日々感じた事をアップします 当社HP http://www.ito-corp.com/にも来て下さいね。メールはこちら seizo@ito-corp.com


by seizoito
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
「食を楽しむ」事はQOL(生活の質)を高める事に大きな要因の一つです。
また食するだけでなく、作るということも「食の楽しみ」としている方も多いのではないでしょうか。

では私が考えるキッチン食堂を計画する場合の5ポイント
1. 作業動線が良い事
2.衛生的である事
3.調理作業をする場所なので常に明るく通風が確保でき、快適な環境整備
4.家族とコミニュケーションが取りやすい配置計画
5安全に使えるキッチンの機能や設備

1は勝手口や食器収納庫の配置や冷蔵庫、ゴミ箱、食品庫の配置や作業スペースの絶対的面積の確保
2当然ですが衛生面には配慮しなくてはならない性格な場所なので、壁のキッチンパネルなど掃除がしやすい材料や水に強い床材の選定
3.は常に電気をつけなくてはならないキッチンではなく、作業の性格上、窓を合理的に配置し、日照や通風を確保する。
4は調理作業中に家族との会話もあることから、食卓テーブルとの対面式などの配置計画を考える事。
5は火を使わず安心できるIHクッキングヒーターの導入や水の使用量が少なくすみ、手間入らずの食器洗い乾燥機(これが食器収納庫にもなってしまう)や奥まできっちり入り、出し入れもしやすい引き出し式収納と使いやすい水栓金具や掃除しやすい排水口などです。

キッチンでの作業では立ち仕事となり、足腰にハンディのある方にとっては負担にもなることがあります、昨今ではシンクの膝部分が奥まっていて、椅子に腰掛けながら作業ができるものも見かけます。

食を楽しむ事は人間にとって大事な事の一つです。
快適な環境で家族と一緒に「作る楽しみ」や「食する楽しみ」を満喫したいものです。

次回は便所編です。
[PR]
# by seizoito | 2007-08-11 08:00
お風呂でゆったりとリラックスするために大切なのは、まず、お湯の温度です。たった2〜3℃の違いで、入浴の効果はまったく異なるのです。例えば、40℃以上の熱めのお湯につかると、カラダを働かせる神経〔交感神経〕が優位になり、カラダは活動モードに入ります。
反対に、38〜40℃のぬるめのお湯には、カラダを休ませる神経〔副交感神経〕に働きかけて、血管を開かせ、心身ともにリラックスさせる効果があります。また、ぬるめのお湯なら、長くつかっていられるため、精神的にもゆったりでき、かつ、カラダを芯から温めることができるのです。
これから活動というときは、熱めのお湯がおすすめですが、1日の終わりにゆったりリラックスしたいときは38〜40℃のぬるめのお湯が効果的です。
(花王ホームページから抜粋)

日本人の入浴の特徴として「沐浴」があります。
入浴は様々な効果があるんですね。

まず浴室の大きさですが、概ね1坪あればいいと思いますが、これはお元気なうちで1人で入浴する場合です。
心身にに何らかのハンディが生じ、介助入浴となったらちょっと窮屈ですね、一般に浴室で使われるシャワー椅子などは安定感がある分、かなり大きく場所が必要です、まして洗体介助を必要とされる場合は1坪では狭く感じられ、洗体動作にも影響があります。
最近は新築でも1.25坪のユニットバスを使う方が多くなっています。
新築などで浴室に対する要望として、浴室の外へ庭を作る事や、眺望にこだわるように「浴室だけはこ〜したい」という希望があるのも浴室ならではです。
入浴は家の中でも一人きりになれる上に「心身をリラックスできる生活動作」の一つの手法なのでしょうね。
入り口は有効開口寸法を最低700mm程度(それ以上)ある引き戸が使いやすいです。

日本の浴室文化?として過去に一部の農家などではお風呂や便所などは母屋には計画せず。完全分離型の外へ作ったものでした。これじゃ夏はいいけど寒い日なんかたまんないですね。これら結果として脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす事につながりかねません。

先の日記でも触れましたが、近頃の浴室は温熱環境に配慮し、暖かく快適に入浴できるようになっています。
タイル屋さんで仕上げる浴室もいいですが、昨今のユニットバスは浴槽、洗い場、温熱環境等合理的に作られています。

また滑りやすい場所なので、適宜手すりの設置も欠かせませんし、あってはならない事ですが、万が一シャワー用車いすの使用なんてことになった場合でも洗面脱衣室からの床段差もなくしたいですね。

洗面脱衣室で考えたいのは、入浴で疲れた体を休める事ができるように、ちょっとした簡易椅子などを置いてもいいでしょう、また壁付けの扇風機なんかこの時期お勧めです。

明日はキッチン編です。
[PR]
# by seizoito | 2007-08-10 07:55
日本の家屋の特徴として、2階建が圧倒的に多いですね。
これはなにも日本人が2階建が好きだからという訳ではなく、敷地が狭かったり、眺望に条件があったり、或は計画的に一階を駐車場にしなくてはならないなどの条件があるからです。

なので当然階段が必要となる訳ですが、階段は住宅内部での事故も「起きれば大変危険」な部分の一つです。
階段の形は直線階段、曲り階段(90度、180度)などがありますが、気を付けるポイントとしては、仮に「転落しても下まで転げ落ちない階段」とするべきです、これらは小学校の階段などのように「踊り場」といって水平部分(平らな部分)確保することで解消できます、ので 一般的には直線階段より、平らな部分を作った曲り階段の方が安心安全です。

次に寸法です、階段は
1.「蹴上げ寸法」(階段一段の高さ)
2.『踏み面』(一段の踏み面奥行き)
3.「階段巾」(階段室の有効巾)
があります、いわゆる「普通の階段」は蹴上げ寸法190mm、踏み面210mm(+30)階段巾は建築基準法で750mm以上が普通の階段です、比率は6/7程度となります。
従来の工業化住宅(一部のプレハブメーカー)などは220mm/220mmと5/5階段です、この寸法の階段は「太もも」に負担がかかるのがわかります、ので これよりまだ緩和した寸法がおすすめです。

最後に手すりの設置です。
片側設置の場合、階段手すりの原則に、「下り方向利き手設置」があります。
両側設置できれば理想的ですが、新築時なんかでは抵抗があるかもしれないですね。
設置高さは段鼻(階段の先端の角)から垂直方向へ750mmを目安にするといいでしょう、直径は35mm程度で手になじむ木製がグッドです

一方廊下は室と室を結ぶ部分ですが、これは平面計画により全く廊下のない平面計画もあることも事実です。部屋からいきなり浴室へ行く事はないでしょうが、直接便所又は洗面脱衣室、玄関や寝室というのも珍しくありません。
廊下でのポイントはその巾にあります。
一般的に3尺廊下というと有効寸法は770mm〜790mmしかなく、移動に必要となってくる手すりなどを設置した場合、さらに狭くなってしいます。
新築計画でも廊下巾は芯々1.000mm確保したいです、これだと有効寸法は880mm程度となり、便所、洗面などへ車いすで移動する場合、それほど抵抗なく曲がる事ができます、もちろん各室の入り口戸の有効寸法(780mm程度)も必要となってきます。
明日は浴室編です。
[PR]
# by seizoito | 2007-08-09 07:55

建築と福祉 玄関編

玄関は住宅の入り口、なので使い勝手も大事ですが、外観も大事な要素です。
玄関の配置計画については南東方向が「辰巳入り」といって、一番良い方角と言われます。
若しくは北西方向です
ポーチの計画では、奥行き1.500mm程度の軒(雨よけ部分)は確保したいです、これは傘などの出し入れにはなくてはならないスペースとお考え下さい。

現在住宅を建築する中で、和風住宅以外のほとんどは親子ドア(4.5尺)が圧倒的に多いですね。何も親子扉の必要はないと思うのですが、玄関の絶対的平均スペースとの整合性や、外観も3尺片開きドアより少々豪華に見えるのでしょうかこの寸法のドアが昨今多用されています。

一方和風建築であれば、引き戸を多用しますが、やはり一番使いやすいのではないでしょうか
では玄関に限らず一般に引き戸が使い勝手が良いとされる理由として、多くの人でごった返す新宿駅のホームやバス等交通機関などで、車両の扉がもし両開き戸だった場合を想像して頂くと答えは簡単ですね(笑)

次にスペースですが、上框から玄関入り口までの寸法と巾の寸法について説明しますと、奥行きは1.365mm(4.5尺)巾は1.650mm(6尺)程度は確保したいです。
この数字は、車いすの寸法が日本工業規格で1.200mm以下と定められている事と、この収納スペースの確保、」或は靴の脱ぎ履きを楽にするため、ちょっとした簡易椅子などを置けるスペースの確保が出来る事が理由です。
下駄箱などは壁埋込できると玄関が広く確保でき便利です。

玄関土間から上框(床)までの高さ寸法は200mm以下が理想です。これは一般的に住宅の階段の一段の寸法に近く、負担のない寸法と言えます。

次に手すりの設置を考えましょう、このブログをご覧になっている方に実験のお願いです。毎日出かけるときには無意識に下駄箱や壁に手をついていませんか?
もし壁など何かに触っているとすると、その壁は少々汚れていませんか?

だとすると、そこには手すりが必要とさてれいるということです。
明日の朝、いや今でも実験されてみてはいかがですか?
後で簡単に設置できますか?下地は入っていますか?

体がお元気なうちは「玄関に手すりなんか」と思うわけですが、この機会に一度チェックみてはいかがでしょうか?
以上、玄関編でした、明日は階段編です。
[PR]
# by seizoito | 2007-08-08 08:05

建築と福祉

それまでは「建築」と「福祉」は縁がないものだと思っていました。

高度経済成長時代の日本家屋の建て方は、西洋文化の流れを受け、豪華に見える洋風の室内ドアの多用や、洋風瓦の使用、和風建築などにした場合、入り口ポーチに石材を並べるなどしてわざと段差を設けて豪華さを演出したり、床の間のある和室なんかは床を廊下から4寸(120mm)位上げないとそれらしく見えないといいながら作る一方、便所においては芯々3尺×6尺(910mm×1.820)で、中で万一倒れていたら絶対明ける事の出来ない高級内開きドアや段差付きの便所、それも相当寒さを感じるタイル貼りで汽車便所(和式便所)、手洗いなんか小さいのが着いているだけの状態で小便器(スペース)もあれば立派なもの。

浴室などは石貼りタイル貼りで洗面脱衣室から150mmも段差をつけ、浴槽縁においては200mmも巾をもたせて、思いっきりまたがないと入れない最も入りにくい埋込浴槽を設置した浴室。

廊下は尺貫法が定着し、有効幅員が770mm程度しかないいわゆる暗い3尺廊下。
これも体がお元気のうちはこれでよかったのですが、加齢により運動、神経などの機能が落ちてくると、それまで何ともなかった(何も感じなかった)各室の狭さ、段差やドアの使い勝手の悪さが、目に見えないストレスとなってきます。(だんだん使いずらくなってきてしまうが体は感じない状態)

昨今バリアフリーという言葉は子供でも理解できる時代になりました。
最近では「バリアフリー仕様」という言葉も、もはや当たり前化され死語にもなりつつあり、建築(住宅)では合理的な理由もなく床に段差など付ける事は御法度となっています。

現在では日本全国でそれら大量生産された「粗悪な住宅」(となってしまった)を使いやすくするため、あちこちで手すりの設置や段差の解消工事など行っています。
今週はそれら改修する場合の場所別改修ポイントを書いていこうと思います。

もちろん新築計画においても十分参考になる話なのでご参考にどうぞ。

今週は「建築」と「福祉」はこんなに近いんですよというお話です。
[PR]
# by seizoito | 2007-08-07 07:51

ラーメン屋さん

今日はちょっと建築から話題を変え「やわらかい」話を一つ。
昨日は甲府で35度を記録し、この夏一番暑い日だったそうで、いよいよ夏がはじまります。
その暑い中、地元では100年の歴史のあるラーメン屋さんへいってきました。
場所は旧甲州街道(R411)沿いにあり、石和のラーメン店と言えば、必ず名前の出てくる100年近い歴史のある老舗ラーメン店。

といえばもうおわかりですね、そうです三角屋さんです。

メニューはラーメン、肉めし(馬肉)のみといたってシンプル。流行り廃りもあるが、時代に全く媚びず一本筋の通った、そんな印象を受ける濃口醤油のラーメン屋さんです。

日曜日の昼のお客さんというと、ぶどう酒(赤、白)を飲みながら競馬新聞を眺めている方や、家族連れなど様々な方々がいらっしゃいます。
やっぱりラーメンは日本文化ですね。
f0147756_8105920.jpg
[PR]
# by seizoito | 2007-08-06 08:11

住宅取得 まとめ

今週は住宅取得の方法についてお話ししてきました。
見ての通り、建築の入り口は

1. ハウスメーカーさん
2. 不動産屋さん
3. 工務店さん
4. 建築設計事務所さん

とざっと4種類あり、私なりに感じたメリットデメリットを書きました。
書いた事の一部はこれら内容を否定をするものではありませんのでご承知下さい。

入り口のここはだめとかここは絶対お勧めの入り口ですとは言いません(言えません)
それはそれそれ様々な条件やご都合、事情があります。

しかし良い建築をするための入り口は「自分はこういう家に住んでみたい気持ち」をぶれずにしっかり持つ事が、失敗しない住宅取得のスタートだということは言えるでしょうね。

あとはご自己責任でご決断を(^:^;)
[PR]
# by seizoito | 2007-08-04 08:07
建築設計事務所を依頼する方法

メリット

1. 施主の要求、敷地形状、環境などに十分に対応した設計を行う。自由度が高い。
2. コストダウンなどが得意、特殊な敷地(変形敷地、高低差がある敷地)でも、豊富なアイデアで設計が可能。
3. 独立した立場で仕事をする、建築会社や不動産会社の都合ではなく、何ら制約も受ける事はないので、最適な意匠設計、構造設計が可能で、施主様の希望を具現化してくれるよきパートナーである。
4. 施工業者が管理を行った上に、設計事務所が施主の立場で管理を行う事でしっかりした施工が出来る。
5. 設計から完成まで法令に関する解決策や見積書の査定チェックなど、素人では到底わからない工事を監理してくれるので安心できる。
6. 何も決まって(決められて)いない状態から創るので世界に一つだけの建築が可能。


デメリット
1. 設計監理費が明確に数字として現れる(これはメリットかもしれません)
2. 建築家の色濃い方は一方的に自分の感性個性を売り込んだ、とんでもない設計になってしまうことがある(押しつけ設計、これしかない設計)
3. 一口に一級建築設計事務所といっても、木造建築が得意だったりRC建築は苦手だったり得手不得手がある、技術提案力にバラツキがあるのでよく確認が必要。
4. 建築家のこだわりで建築費がアップしてしまう事がある。
5. 建築家や設計事務所は住宅展示場などはないため、選ぶとしても難しい事がある。
6. こだわりの強い設計事務所は、時に施主さんや現場をぶつかることがある。

さてさて
[PR]
# by seizoito | 2007-08-03 07:51
取得方法その3として、工務店などに依頼する場合

メリット

1. 地域密着であり、アフターメンテナンスなどは即対応してくれ、地域毎の設計施工が可能。
2. 何があっても工事の責任の所在がきちんとしているので安心である。
3. 地元業者であれば、評判等の情報を入手できる。
4. 住宅業界のしくみから、工務店に直接依頼する場合、建築費が大手ハウスメーカーより安価である。
5. ハウスメーカーと違い、様々な要望に柔軟に対応できプランの自由度が高い
6. 現場監督とも「距離」がないのでコミニュケーションが取りやすい。
7. コスト的にも予算に合わせた見積型、コストダウンも意外に可能。

デメリット
1. 一般に工務店といっても今日では規模内容等、様々な形態があり、技術力や営業力などにバラツキがあり、どこに依頼していいのかわからない(情報が少ない)
2. 工務店の業務は主に施工であることから、使い慣れた材料や安く仕入れる事にこだわる傾向にある場合があることから、設計が大幅に制限される場合がある。
3. 何らかのフランチャイズに加入していて、特定の工法、設備を前面に押し出している工務店は設計に制約(しばり)が発生することがある。
4. デザインに関しては、好き嫌いがあってもピンキリで、センスのない設計から建築デザイン顔負けの設計をする会社とバラツキ(当たり外れ)がある。
5. ハウスメーカー(工場生産)と違い、品質の安定した施工にムラがある事がある。
6. 一人親方の場合、一本気な性格なため下手に口出しできない、なんてことは昔の事で今の時代には聞いた事がない、いまでもこういった親方がいれば会ってみたい(笑)

です。
[PR]
# by seizoito | 2007-08-02 07:57
2回目は地元の不動産屋さんで、土地付き一戸建住宅(建売り住宅)を購入する方法です。

メリット

1. 一般に地元業者さんであれば安心できる。
2. 車の展示場のように完成したものが実際に見て触れて購入できる。
3. 一般に土地付きであるので、金額的にはいわゆる「お求めやすい価格」となっている。
4. 土地を探したり、住宅の計画をたてる時間的余裕のない人には手っ取り早い。
5. ほとんどが30坪〜35坪くらいの2階建であるので、面積的にもほぼ満足できるものである。
6. 分譲業者は建築から販売までの時間的リスクを押えなくてはならない性格から、一般に環境の良い場所(通勤通学、買物等)に多く建築される傾向にある。
7.昨今ではデザインも重視されている。

デメリット

1. 一般に地元業者でない場合(県外業者)、「売りっぱなし」になるかもしれない(後の事は何も対応してくれない)リスクがある。
2. すでに建ててあるものを購入するので,お施主さんの希望通りにはなっていない。
3. 間取りが単調である。(隣の家と一緒)
4. 建築途中をチェックできないので、構造欠陥などが心配である。
5. 現在では住宅新法(瑕疵保証)が整備されているが、それ以前のものは不安である。
6. 一般に建築価格は必要最低限に押えられているが、水廻り(キッチン、バス、洗面台)だけは素人受け(豪華に見える)するものを使っている。
 
さてさて(^:^;)
[PR]
# by seizoito | 2007-08-01 08:09
その1はハウスメーカーからの購入編です。

メリット
1. 一日でそれぞれ特徴のある多くのメーカーの展示を見る事ができる。
2. その中から自分の感性に近いイメージを自由に選択することが可能
3. 工場生産なので品質のバラツキが少ない。
4. ユーザーニーズを常に分析し、新しい物を取り入れたり、商品開発力は高い
5. やはり工場生産なので工期が短くて済む
6. 国内で名が知れたメーカーであればより小規模企業よりは安心度は高い
7. カタログなどが豊富である
8. 大手ゆえに営業マニュアルもしっかり教育され、営業マンもきちんとした対応教育がなされている
9.ローンシュミレーションなどの相談に気軽にのってくれる
10.住宅価格が比較的明快である。
11.営業マンの言うなりになりがちで、ここのあるものでしか選択できない、のでポリシーのない方や細かい事が面倒な方はお勧め。

デメリット
1. どこのメーカーでも標準装備、標準仕様を唱っているが、ちょっとでも細かな変更をしようとするならば、とんでもないオプション金額を提示するので何が標準かオプションかを確認する必要がある。
2. 広告で異常に安い坪単価を提示しつつ、実はあれもこれも別途工事であることに注意が必要である。(ここが「魔法」にかかりはじめるタイミング、よく確認することが必要)
3. 坪単価を明示する場合、住宅産業業界にはルールがないので施工床面積といって、玄関ポーチやベランダや濡れ縁までの床面積を含めて割るものだから坪単価表示がいいかげんなメーカーもあるので注意が必要
4. 展示場で住所名前など書こうものなら、DMやしつこい営業に悩まされる事もある
5. 営業担当者は建築の技術職ではないので、ちょっと突っ込んだ事を聞くと答えられない、単なる「物売り人間」が多い(時間がかかる)
6. 営業広告経費などな莫大にかかっている、これは全てお客さんの負担であることを忘れてしまいがち(尊い建築資金は建物には還元されない)
7. 見たとこや性能がまちまち(それぞれ特徴を出している)なので何を基準に選択すればわからないので混乱することがある。(余計な情報を出しすぎるあまり各メーカー担当者の言う事が食い違うことがある)
8. 有名メーカーの名前であるが、基を正せば、運営しているのはこないだまでの地元工務店である(いちがいにダメとは言えない)
9. 標準装備とはいいつつも、ここにあるだけでしか決めれない、選択枝があるようでない、いわばメーカーの言いなりになりやすい。

です。いかがでしょう?
[PR]
# by seizoito | 2007-07-31 07:48

建築の入り口

一般に住宅を取得しようとする場合、色々な入り口(方法や選択肢)があります。

1. 一つは住宅展示場をいくつか見て廻り、興味のある中ならカタログや営業担当者の意見を聞きながら決めていく方法(メーカーから購入)
2. 地元の不動産屋さんで、土地付き一戸建住宅(建売り住宅)を購入する方法
3. 地元の知り合いの建築屋(工務店)に直接依頼する方法
4. やはり知り合いの建築設計事務所の先生に依頼する方法

など、概ね4種類の取得方法があります。

またそれぞれは住宅の呼称方法が違います、1は当社の扱っている「商品」2は「この物件」3.4は「この作品」と呼称方法がそれぞれの流通生産過程(形態)の相違により違っています。

外から見ればまったく同じものが、「形あるもの」で異なる名前というのは珍しく、他の業界では見られれないですね。

今週はそれぞれの特徴やメリットデメリットについてお話していきます。
[PR]
# by seizoito | 2007-07-30 07:51
東京商工会議所内に福祉住環境コーディネーター協会というところがあります。

福祉住環境コーディネーター協会とは、東京商工会議所、NPO法人「生活・福祉環境づくり21」などの関連団体の支援により、福祉住環境コーディネーター検定試験の合格者が、真に役立つ人材として認知され、活躍できる状況を目指し、相互連携、個々のスキルアップ、情報の収集・発信等を行うために設立された団体です。(HPより抜粋)

このたび協会からのご推薦で、協会の情報誌である「福祉住環境コーディネーターのスキルアップ情報誌FJC 2007 Vol 15」の中の、「FJCの現場最前線」へ、私めが顔写真入りで紹介されることになり、昨日東京から取材にきていただきました。

高齢社会の中で、お年寄りや体にハンディキャップを持った方々の住まいに興味を持ちはじめて8年になります。
取材を受けながら感じた事は、他職種との連携や、建築を専門とした情報技術の提案など、「生活者の視点」と「建築の視点」とを合わせもった姿勢が改めて大事だなと感じました。
顔写真も撮られちゃいました(恥;)
この情報誌は10月25日に発刊されます。
[PR]
# by seizoito | 2007-07-28 07:58

警察署

今年管内の警察署で「警察署協議会委員」をお引き受けしています。
警察署協議会委員とは
警察署協議会は、平成12年の警察刷新会議において、地域住民の意見や要望に真しに耳を傾け、 これに誠実に対応することが必要であるとの提言がなされ、これを実行するため、 警察法の一部が改正され警察署ごとに住民代表からなる協議会を設置することとなったものです。 警察署協議会委員になられる方については、管轄区域内の市町村、自治会等から推薦を受けて、 地域、職域、性別等に偏りがないように、県公安委員会において選考し、委嘱されています。
普段警察には運転免許証の書き換えくらいしか縁はないので、警察組織についてちょっとご説明します。
署長、副所長、地域交通管理官、刑事管、会計課、留置管理課、生活安全課、地域課、刑事一課、刑事二課、組織犯罪対策課、留置課、交通課、警備課とこれだけの課があります(と最近知りました)
普段、警察署とは「距離」がありますが、近くで見るとその業務は大変そうです。
「住民と警察を結ぶ役目」ですが・・・
今年4月より 任期2年  大丈夫か(笑;)
[PR]
# by seizoito | 2007-07-27 07:47

献血

昨日は昭和町のテルモ甲府工場でライオンズクラブの献血事業がありました。
年間必要とされる採血量確保については概ね満たされていますが、年度末及び年末年始、1〜2月などは例年採血量が減る時期です。
こうして毎年3回でゃありますが、企業が協力して頂けるというのは誠にありがたい事です。
現在では200cc・400cc・成分献血の3種類がありますが、その多くは400cc献血です。また採血不適格者といって、特に女性は血液の比重が軽かったりして採血不可能ということもこの時期は珍しくはありません。

本日私も400ccの献血をしました、今日は全体で190名の受付で約160名の採血です。

今日いただきました貴重な血液は、地震により現在復興作業等で日本赤十字社の採血活動に支障があるため、思うような血液供給ができていない新潟県へ送られるそうです。
献血は健康な人であれば誰でも気軽に出来る社会奉仕です。
まだ一度もしたことのない方はせひご協力をお願いいたします。

f0147756_7501443.jpg
[PR]
# by seizoito | 2007-07-26 07:50

鉄筋コンクリート

建築の構造計画で、木造か重量鉄骨造、或は鉄筋コンクリートで計画するかというのは、元々合理的な理由があるからです。
一般的に住宅などでは大きな空間を必要としない事や、規模的にもさほど大きくなく、3階建もまれであり、また鉄骨造のように壁の隅などに「柱型」などが出てこない事や、他の工法と比較した場合、重量的にも軽く不必要な地盤補強も不要となることから合理的であると言えます。(他にも沢山理由はありますが)

鉄骨建築は一般に広い空間を計画するときはいいですね、住宅でも1階を駐車場として利用したり、店舗など広い空間を計画するのにはもってこいの構造です。

一方鉄筋コンクリ−トは公共建築や共同住宅など、耐火性を要求される場合(合理的に)や大規模建築などでは多用されますが、一般的に住宅などでは「まれ」です。
しかし耐火性には優れ、他ではあまり見る事のできないコンクリートの肌を出すなど意匠性など他の工法ではまねの出来ない事や、どのような形も作ってしまえるといったメリットやなどもあります。
反対に重量もあることから、地盤が悪い地域では杭などの地盤補強などの目に見えない構造的な経費も発生したり、これを克服できたらノーベル賞もののヘアークラックと言われる「ひび割れ」の発生も正直危惧されます。

写真は当社で現在建築中の、1階がコンクリート打ち放しで2階は木造住宅を乗せるコンクリート+木造のいわゆる「混構造」です。
主の住まいは2階で、1階は「貴重な品物の趣味の部屋」ということで、火災等を考慮し、この構造となりました、これも合理的な建築計画と言えるでしょうね。
f0147756_8576.jpg
[PR]
# by seizoito | 2007-07-25 08:09

禁 煙

私はは禁煙をはじめてから。この10月で丸4年となります。
それまでは一日40本〜50本、生活には欠かせない存在で、いわゆる「ニコチン依存症」という立派な生活習慣病でした。
一昨年に施行された「健康増進法」により、一定の場所での喫煙が制限され、今では公共施設はもちろん、駅や人が集まる場所にあっては全て禁煙となりました。またこの3月には中央線の特急電車内でもすべて禁煙となり、煙草をやめてあの臭いが大嫌いな私にとっては良い環境となり大変うれしく思っています。最近はファミリーレストランだけでなく、居酒屋さんでも禁煙席があるお店もあります。
やめたおかげで家の中や、車の中の空気はきれいになり、会社も禁煙にした結果、環境よろしくなりました。
以下はやめて感じた事
1. やめると食事がおいしく感じられ、少々食い込んでしまいちょっと太っちゃいました。
2. 煙草の臭いが大嫌いとなる
3. たばこ代がかからない(20万円/年)
4. 肺ガンのリスクから、多少のがれた。
5. 運転中煙草を吸うと、ズボンに穴があくこともなくなる
6. 家の中も臭くもなく、壁やカーテンも汚れないし家族に喜ばれる

以上、やめるといいことありますよ。ためしてみては
[PR]
# by seizoito | 2007-07-24 07:50

キッチンを選ぶ

住宅の計画において大事な要素の一つにキッチンレイアウトがあります。
対面型キッチン、L型キッチンはじめ、最近ではアイランド型キッチンなどがおはやりです。また各メーカーは収納や様々な細やかな機能を付加価値とし、しのぎを削っているのが実情です。
当然ですが、キッチンを決めるときのキーパーソンは昔から女性が圧倒的に多いのです。

またよく「見せるキッチン」か、普段ちらかっているときの方が多いのでなるべく「見せたくないレイアウト」(配置計画)と様々であります。

最近は瓶類や調理器具などを合理的に沢山収納できる引き出し型収納や、4台中3台は採用する人気のIHクッキングヒーター、奥様楽に作業ができる食器洗い乾燥機や水の飛び跳ねる音を軽減したシンク、お掃除が簡単な換気システム、また少々お値段高いですが、こじゃれたカウンターなど、最近は設備機能等は充実しています。

昔と違い、現在はショールームのないメーカーさんは珍しくなっていますし、カタログだけで決めた過去とはずいぶん様変わりしましたね。
[PR]
# by seizoito | 2007-07-23 07:55

サマージャンボ宝くじ


今年もサマージャンボ宝くじが発売されました。
みずほ銀行では俳優の西田敏行さんをコマーシャルとして登場させ、何と億万長者が126人と唱い、8月7日まで発売しています。
占いや暦をチェックしたり、ラッキーアイテムを身につけたり、ひたすら祈ったり、買ったくじを普段なにもしない神棚へ置いてみたりと、様々な「願かけ」が日本国中で行われます。

ご存知のように宝くじは1枚¥300円で、10枚1セットで20枚とか30枚、バラ券或は通し番号とその場で選んで買う事ができます。
購入資金として私の場合、自分の机の上に「佐藤製薬のさとこちゃん貯金箱」を置いておき、ポッケットに入っている「ジャリ銭」を半年くらいためておいて計画的に?購入します。
概ね¥10,000円〜¥14,000円位たまりますので、買う時は30枚、それも場所を変え、日を変えて買うと何だか当たりそうな気がします(笑)

しかしながら、当たったためしはないのが実情です。
なので、使い道など考えた事はありません(^:^)

一生一度でいいので1億円って当ててみたいものです。

しかし買わなければ一生当たる事はありません

もし当たったら、使い道は私が相談にのりますよ(笑)

今日は建築とは関係のないお話でした。
f0147756_17401080.jpg
[PR]
# by seizoito | 2007-07-21 17:42

アドバイザー

昨日は境川カントリー倶楽部へゴルフに行ってきました。
今年は珍しく梅雨らしい日が続いていて、ちょっと晴れたりする、とじめじめして極端に暑く感じられます。
このような時期を「鬱陶しい」(うっとうしい)といった表現するのでしょうね。
このゴルフコースはキャディさんの事を「コースアドバイザー」(以下CA)と呼んでいます、県内のゴルフ場には珍しく、若くてきれいな女性が多いのも特徴です。
グリーン上でパットするとき「CAさんどっちに曲がる?」と聞くと、「傾斜はスライスですが、目(芝目)は右からですので」と一呼吸おいてから説明してくれます。
あと「登っているのでショートしないように」とか「カップを通過すると順目で早いです」とか、「残り110ヤードで打ち上げで+10ヤード」とか様々な状況を的確に教えてくれる、ゴルフのルール上、ただ一人「聞いて」よい人であります。

同じゴルフ場で10年も経験を積んでいる人と、私のように年に数回程度しか来ない人が、芝目なんて言われたってわかる訳がありません。
但し、打つのはプレーヤーですので、その通りの「情報」を整理し「的確なプレー」が出来るかどうかは、その人なりの「運」や「実力」にもよります。

建築の計画においても、同じ事が言えます、快適な住環境を作るときには、ます自分自身の建築に対するポリシー(自分流)がスタートです。
またそれを形にするときには、建築士などの専門家による的確な「情報」「技術」などを参考にする事が一般的です。上記のCAと同じく、ほとんどの建築士はあたりまえですが、建築の事はよくわかっています。

なので不安に思っていることや、わからない事などはどんどん質問してOKです。

だからといって頼ってばかりではいけません、己から(自分自身)も練習や研究も同時にしなくては何事も成就しないこともおわかりですね。
昨日は蒸し暑く、腕はまっかちんになりました。
[PR]
# by seizoito | 2007-07-20 07:54

姿勢

最近、姿勢の悪い方々が目に付きます。
と 言っても「猫背」ということではありません。

私が一級建築士を取得したのは、今から19年前の30歳の時でした。

一次試験では「計画」「法規」「構造」「施工」と四つの分野に分かれ、各分野の配点は25点、合計100点のマークシートの試験です。
当時の「構造」の問題には「空気膜構造」と言って東京ドームに関連するタイムリーな出題があったのを記憶しています。

二次試験は与えられた条件で、5時間30分での製図です。一回目の二次試験では「リゾートホテル」が出題され、ものの見事に条件違反で不合格でした(笑)
二次試験は事前に「タイトル」が告知されます。
翌年は一次試験は免除となり、二次試験のみの受験で「小ホールを持つ児童センター」の出題で、何とかというか見事合格出来ました(笑)

先に触れましたが、一連の耐震偽装により、「資格の資質」が問われる時代となりました。
改正建築基準法は先月6月20日から施行されました。
構造計算適合判定や建築確認、それら罰則等、新しい「しばり」(ルール)が始まりました。
物事の原点に戻ったということでしょうか。

当たり前ですが、建築業界に限らず、「基本の姿勢」は大事ですね。
[PR]
# by seizoito | 2007-07-19 08:00

ユニットバス

一頃の住宅の浴室はタイル屋さんが壁や床を貼ったものでありました。
私も現場監督時代には、カランの位置やアルミサッシュとの取り合いなどを考え、タイル割りの図面などを、それも手書きで書いたものでした。
しかしここ数年はそれに代わり、ユニットバスが主流となっています、手間入らず、一日組み立て可能、浴槽や鏡、手すりなど非常に合理的に出来上がっています。
メーカー各社は内部のデザインはもちろん。入り口扉、乾燥暖房機、桶台、シャワーカラン、断熱性(保温性能)など、様々な快適な空間を提供しています。
なので 現在ではタイル屋さんが一坪程度の浴室で一週間かかった仕事が奪われました(笑)

日本の入浴の習慣は、ご存知の様に「沐浴」です。冬などは最初に入る人は寒く感じられ、急激な気温の変化により血管の収縮等、脳血管系や心疾患系の方々には身体的負担もあることでしょう。
少々見づらいですが、写真はクリナップの「床夏シャワー」というもので、入浴前に洗面脱衣室側に設置されたボタンを押すと、カラン台の下から一定時間シャワー状にお湯を出しておき、室内を事前に暖めておくという仕組みのものです。
メーカーも快適さを考え、色々提案しますね。
以前でもお湯の温度を熱くしておきシャワーを出しっ放しにしておくだけで、湯気と熱湯で室内は暖かくなりました。また暖房機などを事前にセットしておく方法もあります。
この時期はちょっと長湯をすると暑くてたまりません、脱衣室へ壁掛けの扇風機を設置するだけでも快適ですよ

f0147756_7542664.jpg
[PR]
# by seizoito | 2007-07-18 07:55

地震と建築基準法と倫理

また新潟で地震がありました。犠牲者も9名でけが人も多数いるようです、一昨年に続き被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。
新潟の地震というと昭和39年の「新潟地震」もあり、この時は,死者26名、家屋倒壊1.960戸とのことで、ちょうど新潟国体が終了した一週間後の惨事だったそうです。
建築基準法第一章第一条(目的)では以下に定められています。
「この法律は、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定めて、国民の生命、健康及び財産の保護を図り、もつて公共の福祉の増進に資することを目的とする」とあります。
昨今建築業界では、「この最低な基準」本来守られなくてはならない建築基準法などの厳守がなされないばかりか、不動産業界、行政も含め「当事者同士の石の投げっこ劇場」で国民を不安に陥れたのは記憶に新しいところです

これらの違法行為は建築業界にとどまりません、洋菓子の不○屋さんやコロッケに混ぜ物をした食肉会社など、本来「食品の安全」を提供する側になくてはならない「企業の倫理の崩壊」もまったく同じですね。
また国民感情を踏みにじり、政治資金規正法の不備が原因なのか、農林水産大臣の事務所費等、きちんとした説明もない状態で選挙に突入です。
また「女性は生む機械」だとか「原爆投下はしょうがない」とか「消えた年金」など
これでどこが「誇れる国」か、何が「美しい国」なのか、この日本という国はどこへいくのでしょうか

ちなみに地震ハザードステーションのHPです
http://www.j-shis.bosai.go.jp/
[PR]
# by seizoito | 2007-07-17 07:59
この3月に念願だった福祉住環境コーディネーター1級を取得しました。
この勉強をはじめてから、もう8年になります。
高齢社会となる事が予想され、専門的ではなくても医療福祉について学ぶ事は必要不可欠の時代が来るということを予想し、2000年(平成12年)の5月に3級、7月に2級を取得しました。
1級検定制度はそれから遅れる事3年、2003年に始まり、今年で5回目となります、合格率は0.4%〜3.9%と異常なまでに低い状況です。
私は今回で4回目の受験ですが、1級はまだ全国でも214人しか誕生していません
ちなみに2級と3級の合格者は全国で35万人います。
この「けた外れの差」はすごいですね(笑)
山梨県では第一号ということで、さらに責任重大となりました。
[PR]
# by seizoito | 2007-07-16 08:03

台風4号

もしかすると、温暖化の影響で今年は台風の当年になるかも知れません。
通常なら雨は上から降ってくるものが、台風となれば「下から降る雨」と化すから始末が悪いもので、元々建築の多くは上からの雨を想定するものであり、下から、それも圧力ある雨水の浸入は、よく言う「想定外」であります。
そうは言っても雨の侵入はあってはなりません。

台風の被害は雨だけではなく、風による飛来物により建物だけでなく、看板などが外れ、人的被害も予想されます。
風速40mなどは経験などありませんし、どうなるか心配です。

山梨の場合、台風の通り道が西側になると被害は大きくなると言われます、建物(住宅)だけでなく、収穫直前の桃などに被害がなければいいですね。
[PR]
# by seizoito | 2007-07-14 09:18

自己紹介です

なまえ 伊東誠三(いとうせいぞう)

勤務先 (有)伊東工務店  http://www.ito-corp.com/

生年月日 昭和33年10月17日 戌年

血液型  O型

職 種  建築業 主に営業、設計、積算等その他雑用

趣 味  ゴルフ(HC17)・歩く事・気のあった仲間と酒を飲む事

好きな言葉 一生懸命

好きな有名人 石川さゆり・太田裕美

家 族  妻・長女20歳・次女17歳・長男15歳の五人家族

資 格  一級建築士
     福祉住環境コーディネーター1級
     宅地建物取引主任者
     AFP(日本FP協会)
     2級ファイナンシャルプランニング技能士
     福祉用具プランナー
です。

よろしくお願いします。
[PR]
# by seizoito | 2007-07-13 17:37

はじめまして

はじめまして

当社専務の伊東誠三です。

このブログは、建築とその周辺の話題を中心として書いていきます。

不定期ですがおつきあい下さい。
[PR]
# by seizoito | 2007-07-12 15:30