こんにちは (有)伊東工務店、専務の伊東です。建築とその周辺のお話や、日々感じた事をアップします 当社HP http://www.ito-corp.com/にも来て下さいね。メールはこちら seizo@ito-corp.com


by seizoito

2009年 10月 10日 ( 1 )

以前も書きましたが、排泄行為は体にハンディのある方にとって大変な動作の一つです。

一般に排泄介助と入浴介助の介護負担を考えた時、それぞれの動作の煩雑さや困難度を比較した場合、「座る→排泄→立つ」とした排泄動作と「脱ぐ→入る→沐浴→洗う(洗ってもらう)→沐浴→出る→拭く→着る」とした入浴動作ではその項目だけでも大きく違う事が理解できると思います。

なので排泄関連の福祉用具と比べると入浴関連の福祉用具はその数も種類も多いのが特徴です。
写真は昨年もアップしましたが、今年は電動式となりました、便座の方向がスイッチで変わります、これだと移乗方向も選ばず動作も行ない易くなりそうです、しかしながらこれを使う人をイメージすると、背もたれや可動式手すりの設置も必要と思われます。

また既存の便器へ設置する場合、高さに注意しなくてはいけません。
しかし良いアイディアです、今後必要とされる方には良い情報(福祉用具)です。
f0147756_8331864.jpg
[PR]
by seizoito | 2009-10-10 08:33