こんにちは (有)伊東工務店、専務の伊東です。建築とその周辺のお話や、日々感じた事をアップします 当社HP http://www.ito-corp.com/にも来て下さいね。メールはこちら seizo@ito-corp.com


by seizoito

<   2010年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

皆さんは、家庭内で最もエネルギーを使う用途は何だと思いますか? 平均的な家庭では、暖房、給湯、照明・家電他がそれぞれ約1/3ずつを占めています。家庭のエネルギー消費を大きく減らすためには、これら全ての省エネ対策に取り組むことが必要です。

それでは、どうやって減らせばよいのでしょうか?エアコンの温度をこまめに調整する、テレビを見る時間を減らす、いろいろな方法がありますが、住宅を購入するときにはやはり省エネ住宅を選ぶことが重要です。しかし、住宅の省エネ性能は断熱から設備まで総合的に考える必要があるため、一般消費者にとって、この選択は容易ではありません。

今回、この省エネ住宅の判断を手助けしてくれる新しい基準ができました。それが、「特定住宅に必要とされる性能の向上に関する住宅事業建築主の判断の基準」(以後、「住宅事業建築主の判断の基準」と呼びます)です。

これまで住宅の省エネ基準といえば断熱性能が対象でしたが、この新しい基準では、断熱性能に加えて、暖冷房、給湯、照明設備など様々な設備機器の性能までが評価の対象となります。このため、この基準をクリアした住宅は、総合的に省エネ性能に優れていることになります。

「住宅省エネラベル」とは、この新しい省エネ基準をクリアする住宅に対して表示できるラベルのことです。消費者の皆さんは住宅を購入する時に、このラベル表示を参考に省エネ住宅を選ぶことができるようになります。
f0147756_1819169.gif
[PR]
by seizoito | 2010-05-19 18:19

住宅の積算

普段、見積書の作成はエクセルで行なっています。
パソコンを使う前は、専ら手書きで電卓計算でしたが現在ではありがたい道具です。

現在46坪程度の住宅の積算を行なっていますが、内装や外装などエクセルで表を作り計算します。

一般に住宅の見積書の作成にはおよそ2週間程度かかります、これは部分的な工事を専門職と共に数量計算をする都合上、どうしても実働1週間程度は日数が必要です。

設計図書に基づき、型番や仕様と金額には誤りがあってはなりません

なので大変です。
[PR]
by seizoito | 2010-05-18 17:18

32年前の記憶

先日東京へ出張したついでではありましたが、目的地の近くまで行ったので、32年前に学生時代に住んでいた木場へ行ってみました。

ここで4年間生活していましたが、予想したよりも駅構内は変わっていないばかりか、永代通りへ出ても「その雰囲気」は32年前と変わる事もないように感じました。

現在は「東京メトロ」と呼びますが、当時は「営団地下鉄」と言いました。

ご苦労のない学生時代は木場から日本橋経由銀座線で新橋、そこから東海道線で藤沢、そこから小田急線で六会まで、片道1時間半を2年通った事が懐かしく感じた時間でした。

下町にはまだまだ当時を思い起こさせる風情があります。

f0147756_17425827.jpg

f0147756_17432167.jpg
[PR]
by seizoito | 2010-05-17 17:43

本日の新聞

本日の山梨日日新聞生活面へ、福祉住環境コーディネーター2級対策講座の案内が掲載されました。

今年7月に受験される方々は早めの申し込みをお願いします。

定員はあと少しで締め切りとなります。

講座でしっかりとしたお話が出来る様に我々も勉強です。
[PR]
by seizoito | 2010-05-15 18:20

今日のことば

笑顔で仕事をしているとどこに勉強に行くより頭が良くなる

不満げな顔で仕事をしていると何も得られないうえに嫌なことばかりが次々と起こるものです。笑顔で仕事をしていると自分のためになることが次から次と浮かんできます。
そのうえ仕事の問題以外でも良いことが次から次と起きてきます。
笑顔というのは幸せの国に行く為のパスポートなんですね。

斉藤一人さんHPより
http://www.hitorisangayatteru.com/
f0147756_18303298.gif
[PR]
by seizoito | 2010-05-14 18:30

魚三酒場(門前仲町)

今年に入ってから東京へは毎月のように出張しています。
100%は一人で行くので、当然昼の行事予定が終了すれば夜は暇となるわけですが、この年のおっちゃん(オヤジ)が行くと所というと一人で入れる居酒屋さんが定番となります。

写真は以前から一度は行ってみたいと思っていた。門前仲町にある有名な「魚三酒場」です。

元々ここは魚屋さんだそうで、数多い刺身やフライから煮物など、低価格にて提供してくれます。
熱燗など¥180円/合という安さです。

下町と親父好みの雰囲気です、一度行ってみるのも良いですよ。

江戸へはこうした社会勉強もしてきました(^:^)


f0147756_17145824.jpg
[PR]
by seizoito | 2010-05-13 17:15

自立循環型住宅

自立循環型住宅とあh、与えられた敷地や家族形態などの条件のもとで極力自然エネルギーを活用し、居住性や利便性を向上させつつ居住時のエネルギー消費量(二酸化炭素排出量)を、2000年頃の標準的な住宅と比較して半減することが可能な住宅を言います。

現在整備されているガイドラインでの建設地域は、比較的温暖な地域(省エネルギー基準による地域区分㈿地域)で木造住宅一戸建てでの条件となっています。

照明、空調や太陽光発電、高機能な給湯器などはどどなた様でもお金さえ出せば
ハードルは超える事は簡単ですが、ここでの話はこれだけではありません。

従来省エネは断熱性能のみで語られていました。
これからの住宅建築は太陽、風、光など地域特性を生かした「パッシブデザイン」が求められます。

「集めて 貯めて 逃がさない」

太陽光発電人気もあと少しで終了するという予測もあるとかないとか。
奥が深く設計者のさらなる研鑽が求められます。
今後、住宅に求められる性能は努力義務から義務化に向かいます。

江戸へはこうした勉強に行ってきました。


f0147756_17115324.jpg
[PR]
by seizoito | 2010-05-12 17:10

江戸へ

今日明日と江戸へ行ってきます。

なのでブログはお休みします。

f0147756_8311016.jpg
[PR]
by seizoito | 2010-05-11 08:31

エコなお話


今年2月に環境社会検定に合格した話はしましたが、今回は久々にエコなお話を一つ。

「グリーンコンシュマー」とは
暮らしの中で、3Rに取り組むには、買物の時に気をつける事が沢山あります。
環境の事を考えて買物をしたり、生活している人の事を「グリーンコンシュマー」と言います。
まず買う時に本当に必要かどうかを考える事が大切、そして買うときは出来るだけ環境にやさしい商品を選ぶ事です。

グリーンコンシュマーの4つの基本
1. 買う前に、本当に必要かどうか考えよう
2. 環境にやさしいモノを選ぼう
3. 環境にやさしい企業から買おう
4. 環境情報をよく見て買おう
 
これからの環境を考える、一人一人の理解が大事です。
f0147756_17594253.jpg
[PR]
by seizoito | 2010-05-10 17:59
以前案内をした福祉住環境コーディネーター2級検定試験対策講座の申し込み状況です。

今年で3回目となるのですが、過去2回は秋の検定試験に対応した時期に行なっていました、今年は新しい試みでこの7月11日(日)の検定に合わせ告知したところ、今日までに16名の申込を頂きました。
この検定試験の関心度もさることならが、やはり7月というのは陽気も良く、受験環境(動機)も整うのでしょうか。

しかしこの対策講座へ参加したからといって、所詮自らがしっかりと勉強しなくては合格などできる訳もなく、参加者自身のやる気や目的意識の高さにもよる事は言うまでもありません。

前回前々回は10名足らずでしたので、お名前も覚える事もできたのですが、今回はその2倍となります。
さてどうなることやら(^;^)
[PR]
by seizoito | 2010-05-08 18:28